• TOP
  • 公演情報
  • はえぎわ×彩の国さいたま芸術劇場 ワークショップから生まれた演劇『マクベス』

公演情報
performance information

彩の国さいたま芸術劇場

演劇

はえぎわ×彩の国さいたま芸術劇場 ワークショップから生まれた演劇 『マクベス』

はえぎわ×彩の国さいたま芸術劇場 ワークショップから生まれた演劇 『マクベス』

劇団はえぎわを主宰するノゾエ征爾がシェイクスピアの悲劇
『マクベス』に挑む!
はえぎわと彩の国さいたま芸術劇場の共同企画として
東京と埼玉で上演決定!

 

【東京公演】2024年2月17日(土)~25日(日)
【埼玉公演】2024年3
月1日(金)~3日(日)

 

出演者変更のお知らせ

 

※窓口での当日券販売は開演の40分前から彩の国さいたま芸術劇場小ホール入口前にて行います。
開演時間までSAFオンラインチケットからチケット購入可能(クレジットカード決済/セブン-イレブン発券)

 

【関連企画】ノゾエ征爾演劇ワークショップ
※関連企画は終了しました

一般発売

2023年11月25日(土)

メンバーズ発売

2023年11月18日(土)

チケットの購入方法

当日券あり

自身が主宰する劇団はえぎわをはじめ、外部のプロデュース公演など幅広く活動し、独創的な作品を生み出しているノゾエ征爾。彩の国さいたま芸術劇場では、2022年春、ノゾエを招いてシェイクスピアの『マクベス』を題材としたワークショップを実施。ワークショップでは「演劇を見慣れていない若者に演劇の魅力を知ってもらう」という目標を掲げ、ノゾエは親しみやすく、飽きさせない構成と演出で約100分の『マクベス』をつくりあげた。これをきっかけに、はえぎわと彩の国さいたま芸術劇場の共同制作による『マクベス』を東京と埼玉で上演することが決定。新たなキャストを迎えてブラッシュアップしたノゾエ版『マクベス』にご期待ください。

あらすじ

将軍マクベスは、凱旋の途中で出会った怪しい魔女から「いずれ王になる」という予言を受ける。野心を募らせたマクベスは、マクベス夫人に後押しされ、王ダンカンを暗殺する。王位を奪ったものの、消えない不安と恐怖からマクベスは次々と罪を重ねていく……。

公演インフォメーション

日時

【東京公演】2024年2月17日(土)~25日(日)<全10回公演>

○=前半割対象公演 
★=終演後アフタートークあり
 〈出演:松岡和子(翻訳)、ノゾエ征爾(上演台本・演出)予定〉

 

【埼玉公演】2024年3月1日(金)~3日(日)<全4回公演>

上演時間

1時間45分を予定しております(休憩なし)
※カーテンコールなどにより時間が多少変動することがございますのでご了承ください。

会場

【東京公演】2024年2月17日(土)~25日(日)
東京芸術劇場 シアターイースト
〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-8-1

 

【埼玉公演】2024年3月1日(金)~3日(日)
彩の国さいたま芸術劇場 小ホール

原作

W.シェイクスピア

翻訳

松岡和子

上演台本・演出

ノゾエ征爾

出演

内田健司、 川上友里、 山本圭祐、 村木 仁、 町田水城、
広田亮平、 上村 聡、茂手木桜子 、 菊池明明、 踊り子あり

主催

はえぎわ、公益財団法人埼玉県芸術文化振興財団

共催

【東京公演】公益財団法人東京都歴史文化財団 東京芸術劇場

助成

文化庁文化芸術振興費補助金(舞台芸術等総合支援事業)
独立行政法人日本芸術文化振興会

【埼玉公演】一般財団法人地域創造

チケットインフォメーション

当日券あり

料金
(税込)

【東京公演:全席指定】
一般: 5,000円
前半割※1:4,500円
U-25※2: 3,000円
高校生以下※3:1,000円
メンバーズ:4,500円

 

【埼玉公演:全席指定】
一般: 4,500円
U-25※2: 3,000円
高校生以下※3:1,000円
メンバーズ:4,000円

 

※1 前半割は2月17日(土)~21日(水)公演が対象
※2 U-25チケットは公演時、25歳以下の方が対象です。入場時に身分証明書をご提示ください。
※3 入場時に学生証をご提示ください。

発売日

【一般】2023年11月25日(土)
【メンバーズ】2023年11月18日(土)

プロフィール
PROFILE

ノゾエ征爾(のぞえ・せいじ)/上演台本・演出

脚本家・演出家・俳優・劇団「はえぎわ」主宰。1995年、青山学院大学在学中に演劇を始める。99年に劇団「はえぎわ」を始動。以降、全作品の作・演出を手掛ける。2010年より世田谷区内の高齢者施設での巡回公演や、2016年にはさいたまスーパーアリーナに約1,600人の高齢者が出演した大群集劇「1万人のゴールド・シアター2016」で脚本・演出を手掛けるなど幅広く活動。12年、はえぎわ公演『○○トアル風景』にて、第56回岸田國士戯曲賞受賞。近年の演出作品に『ピーター&ザ・スターキャッチャー』、『ぼくの名前はズッキーニ』、『物理学者たち』、『気づかいルーシー』、『明るい夜に出かけて』、『ガラパコスパコス~進化してんのかしてないのか~』などがある。

公演関連記事

「埼玉アーツシアター通信」No.106

P.4-5 はえぎわ×彩の国さいたま芸術劇場 ワークショップから生まれた演劇『マクベス』ノゾエ征爾Interview 取材・文◎川添史子(編集者・演劇ライター) Photo◎宮川舞子

「埼玉アーツシアター通信」No.107

P.14 松岡和子さんに聞くシェイクスピアをもっと愉しむ基礎知識 取材・文=編集部

チラシ

  • 御支援のお願い
  • 鑑賞サポートのご案内
  • さいたまゴールド・シアター
  • 参加・育成事業
  • 彩の国シェイクスピアシリーズ 公式twitter