• TOP
  • 公演情報
  • 【受講者募集】彩の国シェイクスピア講座 番外編『ヘンリー八世』勉強会

公演情報
performance information

彩の国さいたま芸術劇場

シネマ・イベント

【受講者募集】彩の国シェイクスピア講座 番外編 『ヘンリー八世』勉強会

【受講者募集】彩の国シェイクスピア講座 番外編 『ヘンリー八世』勉強会

2022年8月28日(日)14:00〜15:45

 

【重要】財団主催公演│新型コロナウイルス感染症対策とご来場の皆さまへのお願い

 

◎彩の国シェイクスピア・シリーズ 『ヘンリー八世』公演情報はこちら

一般発売

2022年7月24日(日)

メンバーズ発売

2022年7月23日(土)

シェイクスピア作品をさまざまな角度から掘り下げ、新しい魅力を発見する「彩の国シェイクスピア講座」。番外編として2022年9月に再演が決定した『ヘンリー八世』を取り上げます。講師は翻訳家の松岡和子さんと東京大学教授の河合祥一郎さん。作品の魅力を対談形式でたっぷりと語っていただきます。どうぞご期待ください。

公演インフォメーション

 

日時:2022年8月28日(日)14:00〜15:45(開場は20分前)
会場:彩の国さいたま芸術劇場 映像ホール
講師:松岡和子、河合祥一郎

チケット(税込)【全席指定】
<一般・メンバーズ>1,200円
<U-25*>600円 

 


 

【講師プロフィール】

松岡和子(まつおか・かずこ/翻訳家)
翻訳家。彩の国さいたま芸術劇場シェイクスピア企画委員会委員。演劇評論家。彩の国シェイクスピア・シリーズの翻訳を担当。ちくま文庫より、シェイクスピア全37作品を完訳した『シェイクスピア全集』(全33巻)を刊行。完訳の功績により、第75回毎日出版文化賞〈企画部門〉、第69回菊池寛賞、第58回日本翻訳文化賞、第14回小田島雄志・翻訳戯曲賞〈特別賞〉、2021年度朝日賞を受賞。主著に『深読みシェイクスピア』(新潮文庫)などがある。

 

河合祥一郎(かわい・しょういちろう/東京大学教授)
彩の国さいたま芸術劇場シェイクスピア企画委員会委員長。東大とケンブリッジ大学から博士号取得。自ら演出を手掛けるKawai Projectは小田島雄志・翻訳戯曲賞特別賞を受賞。『ハムレットは太っていた!』(白水社)でサントリー学芸賞受賞。著書に『シェイクスピア』(中公新書)ほか。角川文庫よりシェイクスピアや児童文学の新訳を刊行中。シェイクスピア翻訳の最新刊は『リア王の悲劇』(角川文庫)。

 

主催

公益財団法人埼玉県芸術文化振興財団

チケットインフォメーション

料金
(税込)

【全席指定】
《一般・メンバーズ》1,200円
《U-25*》600円

*U-25のチケットは、ご来場時に25歳以下の方が対象です。入場時に身分証明書をご提示ください。

 


※通常配席にて販売いたします。ただし、今後の新型コロナウイルス感染症の状況によっては変更となる可能性がございます。
※車椅子でご来場の方は、イベント当日のスムーズなご案内のため、前日までに彩の国さいたま芸術劇場(TEL: 0570-064-939 / 受付時間:休館日を除く10:00〜19:00)までご連絡ください。
※駐車場は台数に限りがございます。
※営利目的でのチケットの購入、転売は固くお断りいたします。

発売日

【一般】2022年7月24日(日)
【メンバーズ】2022年7月23日(土)

  • 御支援のお願い
  • さいたまゴールド・シアター
  • 参加・育成事業
  • 彩の国シェイクスピアシリーズ 公式twitter