• TOP
  • お知らせ
  • 出演者から公演に向けてメッセージをいただきました!【2/22(火)イレブン・クラシックスVol.4】

詳細|お知らせ
News

彩の国さいたま芸術劇場 |

音楽

出演者から公演に向けてメッセージをいただきました!【2/22(火)イレブン・クラシックスVol.4】

2022年2月17日

2022年2月22日(火)11:00開演イレブン・クラシックスVol.4 森谷真理(ソプラノ)&山田武彦(ピアノ) バード・サンクチュアリ ~鳥たちは歌う~
 

ご出演の森谷真理さん、山田武彦さん、そしてナビゲーターの林田直樹さんから、それぞれ公演に向けてメッセージをいただきました。

『Bird Sanctuary(バード・サンクチュアリ)』は、林田直樹さんと練り上げたもので、類を見ないとてもユニークなプログラムになりました。鳥と言っても(昆虫も2匹程登場してますが)千差万別、彼等の清々しく、優雅な、しかし時には滑稽な様子、各作曲家の想う鳥、楽しんでください。彼等の「鳥」あまり飛んでないんです。

 

(ジュリエット)「もう行かれるのですか。まだ夜明けではなく、あれはナイチンゲール~あなたの怖がった耳で聴いたのは。」(ロミオ)「あれは朝を告げるひばり。ナイチンゲールではないのです。」シェイクスピアの一節はもちろんのこと、人の心の機微を表す際に古くからしばしば登場する「鳥」。この愛らしい存在を題材とする幾つかの作品に取り組む稀有な機会をいただきました。懸命に”囀りたい”と思います。

 

モーツァルトからメシアンにいたるまで、作曲家たちの多くは、鳥という身近で美しい生き物に目を向け、そのさえずりに耳を傾けてきました。そうして生まれた音楽は、素晴らしいものばかりです。今回は、ラヴェルの歌曲集《博物誌》で、ルナールの原作に添えられたボナールとロートレックの挿画もお楽しみいただく予定です。森谷真理さんと山田武彦さんという、最高の音楽家お二人の演奏で、鳥たちの音楽をぜひお楽しみください。

  • 御支援のお願い
  • 鑑賞サポートのご案内
  • さいたまゴールド・シアター
  • 参加・育成事業
  • 彩の国シェイクスピアシリーズ 公式twitter