• TOP
  • 公演情報
  • ピアノ・エトワール・シリーズ Vol.43 小林愛実

公演情報
performance information

彩の国さいたま芸術劇場

音楽

ピアノ・エトワール・シリーズ Vol.43 小林愛実 ピアノ・リサイタル

ピアノ・エトワール・シリーズ Vol.43 小林愛実 ピアノ・リサイタル

一般発売

2021年9月25日(土)

メンバーズ発売

2021年9月18日(土)

公演インフォメーション

日時

2022年2月26日(土)15:00開演

会場

彩の国さいたま芸術劇場 音楽ホール

曲目

シューマン :アラベスク ハ長調 作品18

シューベルト :ピアノ・ソナタ第19番 ハ短調 D 958

ショパン : 24の前奏曲 作品28

主催

公益財団法人埼玉県芸術文化振興財団

後援

一般社団法人 全日本ピアノ指導者協会(ピティナ)

託児サービス

2歳以上の未就学児に対して託児のご予約を承ります。
(本公演への未就学児の入場はご遠慮いただいております)
 
【託児お申し込み先】
株式会社コマーム
048-240-5000(土・日・祝日を除く9:00〜18:00)
※お子さま1人につき1,000円の負担金をいただきます。
※公演1週間前までにお申し込みください。
※定員になり次第、締め切らせていただきます。

チケットインフォメーション

料金
(税込)

【全席指定】
正面席 3,600円(メンバーズ 3,300円)
バルコニー席 2,600円
U-25(バルコニー席)1,000円  

*U-25・・・公演時、25歳以下の方対象/ご入場時、身分証明書をご提示ください。

※バルコニー席はステージが見づらいお席です。予めご了承ください。

※本公演は、出演者との距離を確保した上で、通常通りの配席で販売いたします。ただし、今後の新型コロナウイルス感染症の状況によっては変更となる可能性がございます。

発売日

【一般】2021年9月25日(土)

【メンバーズ】2021年9月18日(土)

プロフィール
PROFILE

小林愛実(ピアノ) Aimi Kobayashi

1995年山口県宇部市生まれ。
8歳より二宮裕子氏に師事し、2011年桐朋学園大学付属高校音楽科に全額奨学金特待生として入学。2013年よりフィラデルフィア・カーティス音楽院に留学。現在、マンチェ・リュウ教授に師事し研鑽を積んでいる。
3歳からピアノを始め7歳でオーケストラと共演、9歳で国際デビューを果たす。2005年(9歳)以降、ニューヨーク・カーネギーホールに4度出演、パリ、モスクワ、ポーランド、ブラジル等に招かれ、スピヴァコフ指揮モスクワ・ヴィルトゥオーゾ、ブリュッヘン指揮18世紀オーケストラ、ジャッド指揮ブラジル響等と共演。ポーランドには、「ショパンとヨーロッパ」国際音楽祭ほか、協奏曲のソリストとして度々招かれている。
国内でも多数のオーケストラと共演し、サントリーホールをはじめ各地でもリサイタルを行い、高い評価を得る。
2010年(14歳)『デビュー!』でCDメジャーデビュー、翌年セカンドアルバム『熱情』をリリース(EMI CLASSICS)。また、同年ショパン生誕200年記念に際して、ポーランド政府より「ショパン・パスポート」を授与された。
2015年(20歳)10月、「 第17回ショパン国際ピアノ・コンクール」に出場、ファイナリスト。
2017年7月には、モスクワ・フィルの日本ツアーでソリストとして迎えられ、ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番を共演した。
2020年3月には、チューリヒ・トーンハレ管とリストのピアノ協奏曲第1番を共演して好評を博した。
幼少期より多くのメディアから注目を集め、フランスのLCIテレビのドキュメンタリー、日本テレビ「深夜の音楽会」、テレビ朝日「題名のない音楽会」、NHK-BS「みんなのショパン」、NHK-BSプレミアム「クラシック倶楽部」など多数のテレビやラジオ番組にも出演。2015年にはTBS「情熱大陸」にも登場し話題を呼んだ。
2018年ワーナークラシックスとのインターナショナル契約を発表。4月には7年ぶりとなるCD『ニュー・ステージ~リスト&ショパンを弾く』をリリース。8月には、ラ・ロック・ダンテロン国際ピアノ音楽祭に出演し絶賛された。
今、世界的な活躍が期待できる日本の若手ピアニストとして注目を集めている。

  • 御支援のお願い
  • さいたまゴールド・シアター
  • 参加・育成事業
  • 彩の国シェイクスピアシリーズ 公式twitter