• TOP
  • 公演情報
  • ダニエル・オッテンザマー&ソフィー・デルヴォー デュオ・リサイタル

公演情報
performance information

彩の国さいたま芸術劇場

音楽

ダニエル・オッテンザマー&ソフィー・デルヴォー デュオ・リサイタル

ダニエル・オッテンザマー&ソフィー・デルヴォー デュオ・リサイタル

一般発売

2021年3月6日(土)

メンバーズ発売

2021年2月27日(土)

世界の名門オーケストラ ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の若き首席奏者として活躍するダニエル・オッテンザマー(クラリネット)とソフィー・デルヴォー(ファゴット)の二人によるデュオ公演をお贈りします。クラリネットとファゴット、ピアノによるアンサンブルに加え、クラリネット・ソナタやファゴット・ソナタ、ピアノ・ソロといったそれぞれのソロ曲など、各楽器の魅力がたっぷり味わえるバラエティに富んだプログラムを披露予定。ピアニストはソロ・ピアニストとして第一線で活躍しつつ、室内楽のアンサンブル・ピアニストとしても高い評価を得ているクリストフ・トラクスラーです。
若き俊英たちによる、親密かつそれぞれの個性が煌めくアンサンブルにどうぞご期待ください。

公演インフォメーション

日時

2021年6月26日(土)15:00開演(14:15開場)

会場

彩の国さいたま芸術劇場 音楽ホール

出演

ダニエル・オッテンザマー(クラリネット)
ソフィー・デルヴォー(ファゴット)
クリストフ・トラクスラー(ピアノ)

曲目

ベートーヴェン:ピアノ三重奏曲第4番 変ロ長調 作品11「街の歌」
プーランク:クラリネット・ソナタ FP 184
メンデルスゾーン:演奏会用小品 へ短調 作品113
グリンカ:悲愴三重奏曲 ニ短調
サン=サーンス:ファゴット・ソナタ ト長調 作品168
メンデルスゾーン:演奏会用小品 二短調 作品114  ほか

主催

公益財団法人埼玉県芸術文化振興財団

託児サービス

2歳以上の未就学児に対して託児のご予約を承ります。
(本公演への未就学児の入場はご遠慮いただいております)
 
【託児お申し込み先】
株式会社コマーム
048-240-5000(土・日・祝日を除く9:00〜18:00)
※お子さま1人につき1,000円の負担金をいただきます。
※公演1週間前までにお申し込みください。
※定員になり次第、締め切らせていただきます。

チケットインフォメーション

料金
(税込)

【全席指定】
一般:5,000円(メンバーズ 4,500円)
U-25:2,500円

*U-25・・・公演時、25歳以下の方対象/ご入場時、身分証明書をご提示ください。

※本公演は、出演者との距離を確保した上で、通常通りの配席で販売いたします。ただし、今後の新型コロナウイルス感染症の状況によっては変更となる可能性がございます。

発売日

【一般】2021年3月6日(土)
【メンバーズ】2021年2月27日(土)

プロフィール
PROFILE

ダニエル・オッテンザマー(クラリネット) Daniel Ottensamer

profile

1986年ウィーン生まれ。2009年よりウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、ウィーン国立歌劇場管弦楽団の首席奏者を務める。カール・ニールセン国際クラリネットコンクール、「アニマート財団」国際クラリネットコンクール(チューリッヒ)など多くの国際コンクールで入賞。ソリストとして、NHK交響楽団、読売日本交響楽団、東京交響楽団、ザルツブルク・モーツァルテウム管弦楽団、ミュンへン放送管弦楽団、ケルン放送交響楽団、ウィーン放送交響楽団、ウィーン室内管弦楽団、オーデンセ交響楽団などと共演。また、ロリン・マゼール、アダム・フィッシャー、アイヴォー・ボルトン、ラルフ・ワイケルトなど著名な指揮者とも共演を重ねる。アジア各国、アメリカ、ヨーロッパ各地で多くのツアー、マスタークラスも行う。室内楽でも、アンゲリカ・キルヒシュラーガー、バーバラ・ボニー、トーマス・ハンプソン、ベルナルダ・フィンクなどと共演。『Weber and Brahms』(Classic Concert records)、『MEIN WIEN・MY VIENNA』(SONY CLASSICAL)をリリース。
www.danielottensamer.com

 

ソフィー・デルヴォー(ファゴット) Sophie Dervaux

profile

2015年ウィーン国立歌劇場管弦楽団、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の首席奏者に就任。2013年から2015年までベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の首席コントラ・ファゴット奏者として活躍する。2013年ミュンヘン国際音楽コンクールで2位(1位該当無し)を受賞する他、多くの国際コンクールで受賞。2015年にはボンでベートーヴェン・リング・アワードも受賞した。ソリストとして、ウィーン・フィル、バイエルン放送響、南西ドイツ放送響、ソフィア・フィル、ミュンヘン室内管、ベルリン・コンツェルトハウス管といった名高いオーケストラと協演している。
1991年フランス生まれ。ギターとクラリネットを学んだ後、2003年からファゴットを始めた。リヨン国立高等音楽院を卒業後、ハンス・アイスラー音楽大学、ベルリン・フィルのカラヤン・アカデミーで学ぶ。カルロ・コロンボ、ジャン・ピニョリ、フォルカー・テッスマン、ダニエル・ダミアーノに師事。

 

クリストフ・トラクスラー(ピアノ) Christoph Traxler

profile

1983年オーストリア生まれ。アントン・ブルックナー芸術大学を卒業後、ウィーン国立音楽大学大学院を修了。ハインツ・メジモレック、シュテファン・アーノルドに師事する。2004年ウイーン・コンツェルトハウスにデビュー以来、ソロ・ピアニストとして世界各国でのリサイタルに出演する他、伴奏者や室内楽の共演者としても活躍しザ・クラリノッツやダニエル・オッテンザマー、ソフィー・デルヴォー、カール=ハインツ・シュッツなどと演奏している。ウィーン・フィルとベルリン・フィルのメンバーによるフィルハーモニクスのメンバーとしても活動している。
2016年よりウィーン国立音楽大学にて後進の指導にも当たっている。
www.christophtraxler.com
www.philharmonix.cc

公演関連記事

「埼玉アーツシアター通信」No.92

P.20-21 ダニエル・オッテンザマー&ソフィー・デルヴォー ウイーン・フィル首席奏者2人が魅せるクラリネット 文◎木幡一誠(音楽ライター)
  • 御支援のお願い
  • さいたまゴールド・シアター
  • 参加・育成事業
  • 彩の国シェイクスピアシリーズ 公式twitter