• TOP
  • 公演情報
  • バッハ・コレギウム・ジャパン ベートーヴェン「運命」とハ長調ミサ曲

公演情報
performance information

彩の国さいたま芸術劇場

音楽

バッハ・コレギウム・ジャパン ベートーヴェン「運命」とハ長調ミサ曲

バッハ・コレギウム・ジャパン ベートーヴェン「運命」とハ長調ミサ曲

日本が世界に誇る古楽アンサンブルによる、毎年恒例の彩の国さいたま芸術劇場公演。今年はベートーヴェン生誕250年を記念し、「運命」交響曲とハ長調ミサ曲によるベートーヴェン・プログラムをお届けいたします。

2020年11月29日(日)15:00開演

※11月21日(土)関連レクチャー開催! 事前申込制。詳細は決定次第お知らせいたします。

一般発売

2020年6月13日(土)

メンバーズ発売

2020年6月6日(土)

※発売延期詳細はこちら
発売日が決定しましたら、ホームページ等にてご案内いたします。

 

公演インフォメーション

日時

2020年11月29日(日)15:00開演

会場

彩の国さいたま芸術劇場 音楽ホール

出演

鈴木雅明(指揮)
レイチェル・ニコルズ(ソプラノ)
マリアンネ=ベアーテ・キーラント(アルト)
櫻田 亮(テノール)
加耒 徹(バス)

曲目

ベートーヴェン:交響曲第5番 ハ短調 作品67 / ミサ曲 ハ長調 作品86

主催

公益財団法人埼玉県芸術文化振興財団

助成

文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)
独立行政法人日本芸術文化振興会

託児サービス

2歳以上の未就学児に対して託児のご予約を承ります。
(本公演への未就学児の入場はご遠慮いただいております)

【お申し込み先】
株式会社コマーム
048-240-5000(土・日・祝を除く9:00~18:00)
※お子さま1人につき1,000円の負担金をいただきます。
※公演1週間前までにお申し込みください。
※定員になり次第、締め切らせていただきます。

レストラン・サービス


ご予約・お問合せ:TEL.048-854-1170(火曜~日曜10:00~20:00)


※本公演のチケット半券提示で、公演終了後に下記のサービスを実施します。
(半券の公演当日のみ有効)
■劇場1階「イタリアンレストラン・ペペロネ」
・ケーキセット 100円引き(750円→650円税別)
・お食事をご注文すると、ビールかワインあるいはソフトドリンクいずれか1杯サービス
 
※差し入れ用の楽屋花やスタンド花の手配も承ります。お気軽にご相談ください。
※劇場内にはペペロネカフェも併設しています。

チケットインフォメーション

料金
(税込)


※U25・・・公演時、25歳以下の方対象/ご入場時、身分証明書をご提示ください。
※バルコニー席はステージが見づらいお席です。予めご了承ください。

発売日

【一般】2020年6月13日(土)

【メンバーズ】2020年6月6日(土)

※発売延期詳細はこちら
発売日が決定しましたら、ホームページ等にてご案内いたします。

プロフィール
PROFILE

鈴木雅明(すずき・まさあき)/ 指揮

1990年「バッハ・コレギウム・ジャパン(BCJ)」を創設して以来、バッハ演奏の第一人者として名声を博す。グループを率いて欧米の主要なホール、音楽祭に多く出演、極めて高い評価を積み重ねている。近年はモダン・オーケストラとも活発に共演し、多彩なレパートリーを披露。2001年ドイツ連邦共和国功労勲章功労十字小綬章、平成23年紫綬褒章など受賞。2012年バッハの演奏に貢献した世界的音楽家に贈られる「バッハ・メダル」、ロンドン王立音楽院・バッハ賞を受賞。2013年度第45回サントリー音楽賞をバッハ・コレギウム・ジャパンと共に受賞。2015年ドイツ・マインツ大学よりグーテンベルク教育賞を受賞。イェール大学アーティスト・イン・レジデンス、シンガポール大学ヨン・シゥ・トウ音楽院客員教授、神戸松蔭女子学院大学客員教授、東京藝術大学名誉教授、オランダ改革派神学大学名誉博士。
 

バッハ・コレギウム・ジャパン Bach Collegium Japan / 合唱&管弦楽

鈴木雅明が世界の第一線で活躍するオリジナル楽器のスペシャリストを擁して結成したオーケストラと合唱団。バッハの宗教作品を中心としたバロック音楽の理想的上演を目指し、日本国内のみならずライプツィヒ・バッハ音楽祭、BBCプロムス、カーネギーホール、コンセルトヘボウ等、活発な演奏活動を展開。1995年から時系列順で取り組んできた「バッハ:教会カンタータ全曲シリーズ」が2013年2月に全曲演奏・録音を完遂し、2014年“ヨーロッパのグラミー賞”と称されるエコー・クラシック賞エディトリアル・アチーブメント・オブ・ザ・イヤー部門を受賞。2013年度第45回サントリー音楽賞を鈴木雅明と共に受賞。2017年7月には「バッハ:世俗カンタータシリーズ」全曲演奏・録音が完結。2017年9月『モーツァルト:ミサ曲 ハ短調』が権威ある英国の音楽賞グラモフォン賞を受賞。
 

レイチェル・ニコルズ Rachel Nicholls / ソプラノ

profile

バロックから現代に至る幅広いレパートリーで世界的に注目を集めるドラマティック・ソプラノ。BCJとの共演も多く、オペラ公演では2009年新国立劇場「ポッペアの戴冠」ネローネ役、「リナルド」アルミーダ役(エジンバラ音楽祭及び東京公演)で絶賛を博す。2016年、英イブニング・スタンダード紙の選ぶ「ロンドンで最も影響力のある人々」の一人。2017年鈴木優人指揮BCJ《ポッペアの戴冠》での熱演も記憶に新しい。
 

マリアンネ=ベアーテ・キーラント Marianne Beate Kielland / アルト

profile

ノルウェー国立音楽アカデミーで研鑽を積み、ハノーヴァー国立歌劇場のアンサンブル・メンバーとして活躍した後、またたく間に、スカンジナビアでの主要な歌手の一人として名声を築き、ヨーロッパの数々のオーケストラや音楽祭に定期的に出演するようになった。P.ヘレヴェッヘはじめ、R.アレッサンドリーニ、H.リリンク、M.ホーネック、H.C.ラーデマン、J.リフキン、J.v.インマゼール、C.コワンなど、著名な指揮者との共演も多い。
2012年グラミー賞最優秀声楽アルバム賞にノミネートされたほか、40を超える録音に参加。2015年バッハ・コレギウム・ジャパン モーツァルト《レクイエム》公演およびCD録音に参加、好評を博した。
 

櫻田 亮(さくらだ・まこと) / テノール

profile

声楽を故平野忠彦、G.ファッブリーニ、W.マッテウッツィ、G.バンディテッリの各氏に師事。第27回イタリア声楽コンコルソ、シエナ部門大賞、2002年ブルージュ国際古楽コンクール第2位(声楽最高位)など受賞多数。アカデミア・ビザンティーナ、ヴェニス・バロック・オーケストラなど一流の古楽アンサンブル、国内外のモダン・オーケストラ等と多数共演する他、クレモナ音楽祭《ウリッセの祖国への帰還》、エディンバラ音楽祭《オルフェオ》など主要なオペラ舞台でも活躍している。日本イタリア古楽協会運営委員長としてイタリア・バロック音楽の普及に務める。16年4月にウィーンやアムステルダムで行われたBCJ EUツアーに出演、また、18年6月のライプツィヒ・バッハ音楽祭のBCJ公演でもソリストを務め、喝采を浴びる。二期会会員。東京藝術大学准教授。
 

加耒 徹(かく・とおる) / バス

profile

東京藝術大学大学院修士課程を首席で修了。大学院アカンサス賞受賞、武藤舞奨学金を受ける。二期会オペラ研修所マスタークラスを総代で修了し、最優秀賞および川崎靜子賞受賞。NEUE STIMMEN 2013国際コンクールセミファイナリスト。第20回友愛ドイツリートコンクール第2位。14年シャネル・ピグマリオン・デイズアーティスト。歌曲の演奏に定評があるほか、オペラでは日生劇場《ドン・ジョヴァンニ》タイトルロール、《コジ・ファン・トゥッテ》グリエルモ、二期会オペラ公演《ナクソス島のアリアドネ》などに出演。CD『Kaku Toru Début』『加耒徹×ドイツ歌曲』をリリース。NHK-FM「リサイタル・ノヴァ」出演。声楽を福島敬晃、勝部太の両氏に師事。桐朋学園大学嘱託演奏員。二期会会員。
 

公演関連記事

「埼玉アーツシアター通信」No.88

P.14-15 バッハ・コレギウム・ジャパン 祝・生誕250周年!ベートーヴェンのココがすごい! 文◎飯尾洋一(音楽ライター)
オンラインチケット予約
SAFメンバーズ会員の方 一般の方

※当日券はご予約いただけません。