• TOP
  • 公演情報
  • 大塚直哉レクチャーコンサート オルガンとチェンバロで聴き比べるバッハの“平均律” Vol.5 フーガの身体性

公演情報
performance information

彩の国さいたま芸術劇場

音楽

大塚直哉レクチャー・コンサート オルガンとチェンバロで聴き比べるバッハの“平均律”

大塚直哉レクチャー・コンサート オルガンとチェンバロで聴き比べるバッハの“平均律”

Vol.5 フーガの身体性

 

2021年2月14日(日)14:00開演

 

【重要】新型コロナウイルス感染症対策とご来場の皆さまへのお願い

一般発売

Vol.4とVol.5のセット券:2020年2月1日(土)【販売終了】
Vol.5のみ:10月24日(土)

メンバーズ発売

Vol.4とVol.5のセット券:2020年1月25日(土)【販売終了】
Vol.5のみ:10月17日(土)

チケットの購入方法

オンラインチケット予約

Vol.5のみ発売延期 詳細はこちら
→ 発売日が決定いたしました。

2018年から続く好評シリーズ「オルガンとチェンバロで聴き比べるバッハの“平均律”」。演奏家として第一線で活躍しながら、古楽や古楽器に関するレクチャー・ワークショップなどでも定評がある大塚直哉が、バッハの名作《平均律クラヴィーア曲集》の各曲をポジティフ・オルガンとチェンバロの両方で演奏、解説しています。2021年2月公演では、ゲストにダンサー・振付家として国内外で注目を集める小㞍健太を招きます。オランダのネザーランド・ダンス・シアターに日本人男性として初めて入団した彼は、多くの世界的振付家の作品に出演するなど、コンテンポラリー・ダンサーとして活躍するほか、近年はオペラやミュージカル、現代音楽、フィギュアスケートなどさまざまな分野とのコラボレーションでもその才能を遺憾なく発揮しています。このたび彼自身の振り付けにより”平均律”のフーガ2曲を披露。ダンスやトークを通じて、現代のクリエイターの視点から、バッハのフーガに潜む”身体性”に迫ります。

公演インフォメーション

日時

2021年2月14日(日) 14:00開演

会場

彩の国さいたま芸術劇場 音楽ホール

出演

大塚直哉(ポジティフ・オルガン、チェンバロ、お話)
ゲスト 小㞍健太(ダンサー・振付家)

曲目

J.S.バッハ:《平均律クラヴィーア曲集第2巻》より 第7番〜第12番

主催

公益財団法人埼玉県芸術文化振興財団

助成

文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)
独立行政法人日本芸術文化振興会

託児サービス

※現在、託児サービスを休止しております。

2歳以上の未就学児に対して託児のご予約を承ります。
(本公演への未就学児の入場はご遠慮いただいております)
 
【お申し込み先】
株式会社コマーム
048-240-5000(土・日・祝日を除く9:00〜18:00)
※お子さま1人につき1,000円の負担金をいただきます。
※公演1週間前までにお申し込みください。
※定員になり次第、締め切らせていただきます。

チケットインフォメーション

料金
(税込)

全席指定 2,200円
<Vol.4とVol.5のセット券 全席指定 4,000円>【セット券販売終了】
※本公演は、出演者との距離を確保した上で、通常通りの配席で販売いたします。

発売日

<Vol.5のみ>
【一般】2020年10月24日(土)
【メンバーズ】2020年10月17日(土)

 
<Vol.4とVol.5のセット券>【販売終了】
【一般】2020年2月1日(土)
【メンバーズ】2020年1月25日(土)

プロフィール
PROFILE

大塚直哉(おおつか なおや)/ ポジティフ・オルガン、チェンバロ、お話

profile

東京藝術大学大学院チェンバロ専攻、アムステルダム音楽院チェンバロ科およびオルガン科修了。アンサンブル・コルディエ、バッハ・コレギウム・ジャパンなどのアンサンブルにおける通奏低音奏者として、またチェンバロ、オルガン、クラヴィコードのソリストとし て活躍。また、こうした古い時代の鍵盤楽器に初めて触れる人のためのワークショップを全国各地で行なうなど、後進の育成とバロック音楽の普及にも力を注い でいる。現在、東京藝術大学音楽学部教授、国立音楽大学非常勤講師。宮崎県立芸術劇場、彩の国さいたま芸術劇場のオルガン事業アドヴァイザーを務める。アンサンブル・コルディエ音楽監督。 NHK-FM「古楽の楽しみ」案内役として出演中。
公式HP http://utremi.na.coocan.jp/

小㞍健太(こじり けんた)/ ダンサー・振付家

profile

1999年ローザンヌ国際バレエコンクールにてプロフェッショナル・スカラーシップ賞受賞後、渡欧。イリ・キリアン率いるネザーランド・ダンス・シアターⅠに初の日本人男性として入団。2010年よりフリーランスとなり、国内外においてダンサーとしての活動を起点に創作、振付、講師、表現指導など多岐にわたり活躍。『Study for Self/portrait』(2017年、原美術館)などの創作活動をはじめ、シルヴィ・ギエム「6000 Miles Away」世界ツアー、Noism、スウェーデン王立バレエ団に客演。近年は、渡辺レイ、湯浅永麻とOpto(オプト)を主宰するほか、新国立劇場バレエ研修所講師、オペラやミュージカルの振付指導、フィギュアスケート日本代表選手の表現指導、DanceLab「ダンサー、言葉で踊る」のキュレーターなどを務める。Dance Base Yokohama ダンスエバンジェリスト。

  • 御支援のお願い
  • さいたまゴールド・シアター
  • 参加・育成事業
  • 彩の国シェイクスピアシリーズ 公式twitter