彩の国さいたま芸術劇場

シネマ・イベント

彩の国シネマスタジオ
『ブラックバード 家族が家族であるうちに』

2022年9月

 14日(水)10:30/14:30
 15日(木)10:30/14:30
 16日(金)10:30/14:30
 17日(土)10:30/14:30
 18日(日)10:30/14:30
(1日2回、計10回上映)

 

★トークイベント予定あり。決定次第、日程、ゲストをお知らせいたします。

 

【問い合わせ先】埼玉映画ネットワーク 048-762-9407

 

※前売券なし・当日現金支払いのみ・全席自由・各回入替制・整理券制

 

アカデミー賞®受賞2大女優が演じる濃厚なヒューマンドラマの感動作

死を選択した母、秘密を知った家族。 

 

母の決意によって残された家族の生き方が変わる

 

2021年8月彩の国シネマスタジオで上映された

『ノッティングヒルの恋人』(’99)のロジャー・ミッシェル監督が紡ぎだす

 

深く静かに心揺さぶられる家族の物語

 

 

 病状が進むなか、安楽死の選択をした母を看取るために家族が集まった最後の週末。スーザン・サランドンとケイト・ウィンスレットというアカデミー賞®商標受賞2大女優が初共演した本作は、母の決意によって残された家族の生き方を考えさせてくれる濃密なヒューマンドラマである。

 わだかまりや自分の思いが一気にあふれ出し、大きな秘密を共有することになる“家族”を演じる顔ぶれもまた実力派揃い。サランドン演じる気丈なリリーを医師としても支える夫に、サム・ニール。ウィンスレット演じる生真面目な長女と反目し、母の愛にすがる次女にミア・ワシコウスカ。リリーの親友リズを舞台女優としても評価の高いリンゼイ・ダンカンが演じている。さらには長女の夫にはレイン・ウィルソン、次女の恋人にはベックス・テイラー=クラウスと個性的な顔ぶれが集い、長女の息子を演じる新鋭アンソン・ブーンも輝きを放っている。

 ビレ・アウグスト監督によるデンマーク映画『サイレント・ハート』(14/未)を、その脚本家クリスチャン・トープ自身がアメリカでの映画化に向けて脚色。『ノッティングヒルの恋人』(99)『ウィークエンドはパリで』(13)のロジャー・ミッシェル監督が、静謐さの中に時にユーモアを交えながら、秘密を共有する家族の物語を紡ぎ出した。海辺の家で8人の登場人物だけで繰り広げられる物語が、深く静かに心に刻まれる映画だ。

あらすじ

 

 ある週末、医師のポール(サム・ニール)とその妻リリー(スーザン・サランドン)が暮らす瀟洒な海辺の家に娘たちが集まってくる。病が進行し、次第に体の自由が効かなくなっているリリーは安楽死する決意をしており、家族と最後の時間を一緒に過ごそうとしていた。長女ジェニファー(ケイト・ウィンスレット)は母の決意を受け入れているものの、やはりどこか落ち着かず、夫マイケル(レイン・ウィルソン)の行動に苛立ちがち。家族だけで過ごすはずの週末にリリーの親友リズ(リンゼイ・ダンカン)がいることにも納得がいかない。詳しい事情を知らなかった15歳の息子ジョナサン(アンソン・ブーン)も、この訪問の意味を知ることに。

長らく連絡が取れなかった次女アナ(ミア・ワシコウスカ)も、くっついたり離れたりを繰り返している恋人クリス(ベックス・テイラー=クラウス)と共にやってくるが、姉と違い、母の決意を受け入れられておらず、ジェニファーと衝突を繰り返す。

大きな秘密を共有する家族がともに週末を過ごすなか、それぞれが抱えていた秘密も浮かびあがりジェニファーとアンナの想いは揺れ動き、リリーの決意を覆そうと試みる…。

 

 

 

公演インフォメーション

上映日時

2022年9月
14日(水) 10:30/14:30
15日(木) 10:30/14:30
16日(金) 10:30/14:30
17日(土) 10:30/14:30
18日(日) 10:30/14:30

会場

彩の国さいたま芸術劇場 映像ホール

作品情報

【監 督】ロジャー・ミッシェル

【脚 本】クリスチャン・トープ

【出 演】 スーザン・サランドン、ケイト・ウィンスレット、ミア・ワシコウスカ、サム・ニール、ベックス・テイラー=クラウス、レイン・ウィルソン、リンゼイ・ダンカン、アンソン・ブーン

 

 (2019年/アメリカ、イギリス/97分)

 

 

主催

特定非営利活動法人埼玉映画ネットワーク

提携

彩の国さいたま芸術劇場

必ずお読みください

◆マスクを着用されていない方はご入場いただけません。会場内では常時マスクの着用をお願いいたします。

◆受付時に検温を実施します。37.5度以上の熱があった場合は、入場をお断りさせていただきます。予めご了承ください。また、体調のすぐれない方はご来場をお控えください。

◆新型コロナ感染症拡大防止の対策のため、入場にあたってお名前と連絡先の記入をお願いしています。ご提出いただいた情報はこの目的以外には使用せず、主催者が厳重に管理し、2週間経過後シュッレダーにて破棄いたします。なお、感染者が確認された場合、これら個人情報を保健所等の公的機関へ提供する場合があります。

◆客席内、ロビー等での歓談はお控えください。

◆ブランケットの貸出は中止しています。

◆現在、シネマ上映では、原則、入場制限は求められていません。しかし、より快適で安心できる鑑賞環境を確保するため、1席ごとに着席できるように自主的に運用しています。状況によってはこの運用を停止する場合もありますので、ご了承ください。

◆スタッフは毎日検温を実施し、健康状態を確認します。また、手洗い、手指消毒を徹底します。異常がある場合には職務につくことはございません。

◆会場内各所に消毒用アルコールを設置しています。

◆会場内のお客様が手を触れる箇所(座席、手すり、扉取手、トイレなど)は定期的に消毒を行っています。

◆会場内は興行場法に基づき、内部の汚染空気の排除を目的とした適正な機械換気設備を設けています。また、開場中・休憩中もホールの扉を開放するなど、館内の換気を強化いたします。

 

 

チケットインフォメーション

料金
(税込)

【全席自由】

一般1,100円/小中高生550円*(何れも税込)

※前売券なし・当日現金支払いのみ・各回入替制・整理券制

*学生証を確認する場合がございます。

 

オンラインチケット予約
SAFメンバーズ会員の方 一般の方

※当日券はご予約いただけません。