彩の国さいたま芸術劇場

音楽


アンヌ・ケフェレック ピアノ・リサイタル

チケットインフォメーション

一般発売

2022年1月16日(日)

メンバーズ発売

2022年1月15日(土)

フランスはパリに生まれ、1968年ミュンヘン国際音楽コンクールにて満場一致の優勝、以来現在に至るまで世界中で活躍を続けるピアニスト、アンヌ・ケフェレック。名だたる指揮者や著名オーケストラとの共演、ソロや室内楽での精力的な活動で常に注目を集めるとともに、映画「アマデウス」で印象的なモーツァルト演奏を披露するなど、音楽ファンだけでなく、幅広い人々に親しまれてきました。

 

彩の国初登場となる今回のプログラムは実に多彩。前半にはハイドンと、最新盤CDにも収録されているモーツァルトを。定評ある古典派のソナタ作品ののち、後半は、近代フランス音楽の珠玉の小品集。サティ、ラヴェル、ドビュッシーに加え、彼らと同時代を生きた作曲家による軽妙洒脱な、フランスの薫りあふれる小品たちをお贈りいたします。

公演インフォメーション

日時

2022年3月21日(月・祝)15:00開演

会場

彩の国さいたま芸術劇場 音楽ホール

曲目

ハイドン:ピアノ・ソナタ 第47(32)番 ロ短調 Hob.XVI:32

モーツァルト:ピアノ・ソナタ第13番 変ロ長調 KV 333 (315c)

サティ:グノシェンヌ 第1番

ラヴェル:シャブリエ風に

サティ:ジムノペディ 第1番

プーランク:バレエ音楽《ジャンヌの扇》より〈田園〉

セヴラック:《休暇の日々から 第1集》より 第6曲〈古いオルゴールが聴こえるとき〉

サティ:グノシェンヌ 第3番

アーン:《当惑したナイチンゲール》より 第52曲〈冬〉、第49曲〈夢みるベンチ〉

ドビュッシー:《ベルガマスク組曲》より 第3曲〈月の光〉

デュポン:《憂鬱な時間》より 第5曲〈日曜日の午後〉

サティ:ジムノペディ 第3番

ケクラン:《陸景と海景》作品63より 第10曲〈漁夫の歌〉

フローラン・シュミット:《秘められた音楽 第2集》作品29より 第6曲〈弔いの鐘〉

主催

公益財団法人埼玉県芸術文化振興財団

後援

一般社団法人 全日本ピアノ指導者協会(ピティナ)

託児サービス

2歳以上の未就学児に対して託児のご予約を承ります。
(本公演への未就学児の入場はご遠慮いただいております)
 
【託児お申し込み先】
株式会社コマーム
048-240-5000(土・日・祝日を除く9:00〜18:00)
※お子さま1人につき1,000円の負担金をいただきます。
※公演1週間前までにお申し込みください。
※定員になり次第、締め切らせていただきます。

 

チケットインフォメーション

料金
(税込)

【全席指定】
正面席 5,000円(メンバーズ 4,500円)
バルコニー席 4,000円
U-25(バルコニー席)2,000円  

*U-25・・・公演時、25歳以下の方対象/ご入場時、身分証明書をご提示ください。

※バルコニー席はステージが見づらいお席です。予めご了承ください。

※本公演は、出演者との距離を確保した上で、通常通りの配席で販売いたします。ただし、今後の新型コロナウイルス感染症の状況によっては変更となる可能性がございます。

発売日

【一般】2022年1月16日(日)

【メンバーズ】2022年1月15日(土)

※発売日を変更いたしました。

 

プロフィール

アンヌ・ケフェレック(ピアノ) Anne Queffélec
profile

パリ生まれ。パリ国立高等音楽院を首席で卒業後、ウィーンでパウル・バドゥラ=スコダ、イェルク・デームス、アルフレッド・ブレンデルに師事。1968年ミュンヘン国際音楽コンクールで満場一致で優勝を果たし、翌年リーズ国際ピアノ・コンクールでも入賞。一躍ヨーロッパで大きな注目を集め、世界各地で演奏活動を開始させた。
これまでに、ロンドン交響楽団、ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団、フィルハーモニア管弦楽団、チューリッヒ・トーンハレ管弦楽団、フランス国立管弦楽団、フランス国立放送フィルハーモニー管弦楽団、アカデミー室内管弦楽団等のオーケストラと、ピエール・ブーレーズ、ジョン・エリオット・ガーディナー、フィリップ・ジョルダン、デイヴィッド・ジンマン、クリストフ・エッシェンバッハ、イルジー・ビエロフラーヴェク、スタニスラフ・スクロヴァチェフスキ、マレク・ヤノフスキ等の指揮者と共演している。
1990年、ヴィクトワール・ドゥ・ラ・ムジークの年間最優秀演奏家賞を受賞。フランス各地での主要音楽祭やBBCプロムス、日本では「ラ・フォル・ジュルネ」音楽祭に度々登場し高い人気を誇る。
エラート、ヴァージン・クラシックス、ミラーレから40枚以上の録音をリリースし、多岐に亘るレパートリーの録音を残している。ミラーレからの『サティと仲間たち』がディアパゾン・ドール賞を受賞。2017年には『ダンスに加わって』をリリースし、高評を得る。最新盤は2019年にリリースされた『モーツァルト:ピアノ・ソナタ集』。また、映画「アマデウス」ではサー・ネヴィル・マリナーとの共演でピアノ協奏曲を演奏し、話題を呼んだ。

【チケット取扱い】

■SAFチケットセンター

・電話 0570-064-939(彩の国さいたま芸術劇場休館日を除く10:00〜19:00)

 ※一部IP電話からは、ご利用いただけません。
 ※車椅子をご利用の方は、お電話にてご予約ください。


 
■SAFオンラインチケット


 ご購入はこちら
 ※初めてご利用になる方は利用登録(無料)が必要です。
  
■窓口 
彩の国さいたま芸術劇場(休館日を除く10:00~19:00)アクセス
埼玉会館(休館日を除く10:00~19:00)アクセス
  
■プレイガイド 
・イープラス https://eplus.jp
・チケットぴあ https://t.pia.jp 



【お問い合わせ先】
SAFチケットセンター 0570-064-939(彩の国さいたま芸術劇場休館日を除く10:00~19:00)
※一部IP電話からは、ご利用いただけません。

オンラインチケット予約
SAFメンバーズ会員の方 一般の方

※当日券はご予約いただけません。