彩の国さいたま芸術劇場

演劇


さいたまネクスト・シアター最終公演

さいたまネクスト・シアターの最終公演が決定!
細川洋平(ほろびて)の書き下ろし作品を岩松了の演出で上演!

 

2021年8月5日(木)〜15日(日)

 

【重要】新型コロナウイルス感染症対策とご来場の皆さまへのお願い

チケットインフォメーション

一般発売

2021年5月29日(土)

メンバーズ発売

2021年5月22日(土)

2009年に若手俳優育成プロジェクトとしてスタートした「さいたまネクスト・シアター」。集団を率いた蜷川幸雄氏との濃密な時間の中から生まれた作品は、2作品連続で読売演劇大賞優秀作品賞を受賞したほか、さいたまゴールド・シアターとの共演作『鴉よ、おれたちは弾丸をこめる』『リチャード二世』では海外公演を成功させるなど、目覚ましい成果をあげてきた。2016年に蜷川氏が逝去した後も新シリーズ「世界最前線の演劇」や外部公演などで、蜷川氏の薫陶を受けたメンバーたちはその存在感を遺憾なく発揮。
活動開始から13年目となる今年、平均年齢34歳、1期生から4期生までの14名のメンバーたちは8月に行う最終公演でネクスト・シアターの活動に区切りをつけることとなった。

脚本、演出には、集団の有終の美を飾るにふさわしい刺激的な組み合わせが実現。演出を務めるのは、ゴールド・シアターへ3作品を書き下ろし、蜷川氏の信頼も厚い岩松了。鶴屋南北戯曲賞を受賞したゴールド・シアター『薄い桃色のかたまり』(2017年)ではネクストメンバーの活躍も評判となった。脚本には「次代を担う劇作家を起用したい」という岩松からの発案を受けて、演劇カンパニー「ほろびて」を主宰する細川洋平が選ばれた。2020年に上演した『ぼうだあ』が複数の評論家から高い評価を受けるなど、いま演劇界で注目を集める劇作家だ。外部への作品提供は初めての細川が、ネクスト・シアターのために新作を書き下ろす。13年間の活動の集大成ともいえる最終公演にどうぞご期待ください。

公演インフォメーション

公演日時

会場

彩の国さいたま芸術劇場 小ホール

細川洋平

演出

岩松 了

出演

さいたまネクスト・シアター

主催・企画・製作

公益財団法人埼玉県芸術文化振興財団

託児

2歳以上の未就学児に対して託児のご予約を承ります。
(本公演への未就学児の入場はご遠慮いただいております)

 

【託児お申し込み先】
株式会社コマーム
048-240-5000(土・日・祝を除く9:00~18:00)
※お子さま1人につき1,000円の負担金をいただきます。
※公演1週間前までにお申し込みください。
※定員になり次第、締め切らせていただきます。
※現在、新型コロナウイルス感染症対策のため、1公演につき1名までの受入れとなります。2名以上でのお申込みの際はご相談ください。

 

チケットインフォメーション

料金
(税込)

【全席指定】
一般 4,000円/U-25 3,000円/メンバーズ 3,600円

 

*車椅子でご来場の方は前日までにSAFチケットセンターへご連絡ください。
*U-25:公演時、25歳以下の方が対象です。入場時に身分証をご提示ください。
*未就学児の入場はご遠慮ください。

※営利目的でのチケットの購入、転売は固くお断りいたします。

発売日

【一般】2021年5月29日(土)
【メンバーズ】2021年5月22日(土)

 

プロフィール

細川洋平(ほそかわ・ようへい)
profile

劇作家、演出家、俳優、ほろびて主宰。
1978年、青森県生まれ。早稲田大学第一文学部中退。在学中に早大演劇倶楽部内で、作・演出を務める劇団「水性音楽」を結成し、2006年まで活動。また、劇団「猫ニャー」(のちに「演劇弁当猫ニャー」)に役者として00年から04年の解散まですべての公演に参加。09年にソロカンパニー「ほろびて」を立ち上げ、15年より本格始動。俳優としても映像、舞台を中心に出演作多数。

岩松 了(いわまつ・りょう)
profile

劇作家、演出家、俳優。
1952年、長崎県生まれ。86年、東京乾電池「町内シリーズ三部作」を皮切りに作・演出を手掛け、89年『蒲団と達磨』で岸田國士戯曲賞を受賞。以後、数多くの作品を世に送り出す。93年『こわれゆく男』『鳩を飼う姉妹』で紀伊國屋演劇賞個人賞、98年『テレビ・デイズ』で読売文学賞を受賞。2017年のさいたまゴールド・シアター公演『薄い桃色のかたまり』(作・演出)で鶴屋南北戯曲賞を受賞。俳優としてもテレビドラマ、映画、舞台に多数出演。

さいたまネクスト・シアター

「次代を担う若手俳優の育成」を目的に2009年に前芸術監督である蜷川幸雄が立ち上げた演劇集団。1,225名の応募者の中からオーディションで選ばれた44名で始動。第2回公演『美しきものの伝説』、第3回公演『2012年・蒼白の少年少女たちによる「ハムレット」』で2作品連続して読売演劇大賞優秀作品賞を受賞。14年、さいたまゴールド・シアターとの共演作『鴉よ、おれたちは弾丸をこめる』で3カ国5都市を巡るワールドツアーに参加。15年の第6回公演『リチャード二世』でハヤカワ「悲劇喜劇」賞を受賞。同作は16年、「クライオーヴァ国際シェイクスピア・フェスティバル」の招聘を受け、ルーマニア公演も行った。17年、さいたまゴールド・シアター公演『薄い桃色のかたまり』ではゴールド・シアターとの見事なコラボレーションを見せた。18年より新シリーズ「世界最前線の演劇」を開始し、第1弾『ジハード-Djihad-』、第2弾『第三世代』、第3弾『朝のライラック』を上演。20年12月、リーディング公演『作者を探す六人の登場人物』を上演し、好評を博した。平均年齢34.1歳、1期生から4期生までの14名が所属(2021年4月1日現在)。

公演関連記事

「埼玉アーツシアター通信」No.92
P.15 さいたまネクスト・シアター最終公演決定!

【チケット取扱い】
■SAFチケットセンター
・電話 0570-064-939(彩の国さいたま芸術劇場休館日を除く10:00〜19:00)
 ※一部IP電話からは、ご利用いただけません。
・SAFオンラインチケット
 ご購入はこちら
 ※初めてご利用になる方は利用登録(無料)が必要です。
■窓口
・彩の国さいたま芸術劇場(休館日を除く10:00〜19:00) アクセス
・埼玉会館(休館日を除く10:00〜19:00) アクセス
 

【お問い合わせ先】
SAFチケットセンター 0570-064-939(彩の国さいたま芸術劇場休館日を除く10:00〜19:00)
※一部IP電話からは、ご利用いただけません。

オンラインチケット予約
SAFメンバーズ会員の方 一般の方

※当日券はご予約いただけません。