彩の国さいたま芸術劇場

音楽

光の庭プロムナード・コンサート第112回 トワイライト・スペシャル
~ノエルのしらべ、光とともに~

土曜日の夕方、キャンドルが灯る幻想的な雰囲気の中で楽しむ、ポジティフ・オルガン(小型のパイプオルガン)の無料コンサート。

2019年12月21日(土) 開演17:00(終演17:40)
※入場無料

※開演時間が通常と異なります。

 

“ポジティフ・オルガン”は1段鍵盤の、小型のパイプオルガン。光の庭プロムナード・コンサートでは、彩の国さいたま芸術劇場のガルニエ社製オルガンの魅力を、歌や楽器とのアンサンブルやオルガンのソロでお届けします。

40分間のショートプログラムで入場無料、出入り自由。また、入場に年齢制限はございませんので、 小さなお子さまからお楽しみいただけます。

今回は、「キャンドル・アート・ナイト@芸術劇場」との共同開催。光の庭に飾られたキャンドルの明かりがゆらめく中、オルガンとソプラノのアンサンブルでクリスマスにちなんだ曲目をお楽しみいただきます。開演時間が通常と異なり、17:00からとなりますのでご注意ください。

 

公演インフォメーション

日時

2019年12月21日(土) 開演17:00(終演17:40)

会場

彩の国さいたま芸術劇場 情報プラザ(1階)

出演

田上麻里(オルガン)、北村さおり(ソプラノ)

曲目

スウェーリンク:「御子がわれらに生まれたもう」による変奏曲 SwWV 315*
A. ギルマン:ノエルのためのオッフェルトワール第4番*
サン=サーンス:アヴェ・マリア イ長調
ヘンデル:歌劇《リナルド》より ”私を泣かせてください”
クリスマス・キャロル より

                        ほか

*オルガン・ソロ

主催

公益財団法人埼玉県芸術文化振興財団

共催

バラのまち中央区アートフェスタ実行委員会

協賛

株式会社与野フードセンター

後援

埼玉県教育委員会・さいたま市教育委員会

助成

文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)
独立行政法人日本芸術文化振興会

 

チケットインフォメーション

料金
(税込)

入場無料

 

プロフィール

田上麻里(たがみ・まり)/オルガン
profile

東京純心女子短期大学音楽科オルガン専攻、同専攻科を首席で卒業。その後ジュネーブのオルガンアカデミーにて、リオネル・ロッグ、フランソワ・デュロウの各氏に学ぶ。またスイスのロマンモティエ、シオン、イタリアのアオスタ、ピストイア等のアカデミーや日本各地でのマスタークラスに参加。在スイス中にはリオネル・ロッグ氏のもとで研鑽を積み、コンサートを重ねた。各地のコンサートホールや教会での独奏、室内楽やオーケストラとの共演や合唱伴奏などの他、リサイタルでも好評を博している。母校音楽科補手を経て、府中市民オルガン演奏講座講師を務めた。カトリック吉祥寺教会、カトリック田園調布教会オルガニスト。(一社)日本オルガニスト協会、日本オルガン研究会会員。

北村さおり(きたむら・さおり)/ソプラノ
profile

東京純心女子短期大学音楽科声楽専攻卒、同専攻科修了。東京藝術大学卒、同大学院独唱科修了。文化庁新進芸術家在外研修員としてベルリンにて研鑽を積む。多摩フレッシュ音楽コンクール第1位。日本音楽コンクール(歌曲)第2位。第23回飯塚新人音楽コンクール大賞受賞。モーツァルト《魔笛》夜の女王でオペラデビュー、藝大定期オペラ、二期会等多くの公演で高評を得る。他に《秘密の結婚》エリゼッタ、《ランメルモールのルチア》ルチア、《椿姫》ヴィオレッタ、近年の二期会公演ではR. シュトラウス《ダナエの愛》ゼメレ、《ナクソス島のアリアドネ》エコー、《ばらの騎士》元帥夫人のカヴァー、昨年の《魔弾の射手》(コンヴィチュニー演出、アレホ指揮)ではアガーテを好演した。二期会会員。 

 光の庭プロムナード・コンサート|今後の予定


各回14:00~14:40 〈入場無料・事前申込み不要〉

 

●第113回 2020年3月21日(土)
 原田真侑(オルガン)&前澤歌穂(メゾ・ソプラノ)

 

※やむを得ぬ事情で公演内容の一部等を変更することがございます。何卒ご了承ください。

オンラインチケット予約
SAFメンバーズ会員の方 一般の方

※当日券はご予約いただけません。