彩の国さいたま芸術劇場

シネマ・イベント

彩の国シネマスタジオ
『顔たち、ところどころ』

2019年9月
 19日()  10:30/14:30
 20日()  10:30/14:30
 21日(土)  10:30/14:30/18:00
 22日(日)  10:30/14:30★
 23日(月祝) 10:30/14:30

※前売券なし・当日現金支払いのみ・全席自由・各回入替制・整理券制

★アフタートーク:9月22日(日)14:30の回終了後、さいたま国際芸術祭2020のディレクターで映画監督の遠山昇司さんのトークがあります。お楽しみに。

 

 

 

出逢い、生活、思い出、そして人生。

まるで古いアルバムををめくるような顔、顔、顔。

 

映画監督アニエス・ヴァルダと、写真家でアーティストのJR。フランスの田舎町を旅しながら人々とふれあい育む友情。年の差54歳のでこぼこな二人が、幸せの<おみやげ>をこぼしていく。もう会えない人、もう見られない風景、人生を一歩一歩ふりかえる旅。

 

 

 「ヌーヴェルヴァーグの祖母」とも呼ばれる女性映画監督の先駆であり、2015年にはカンヌ国際映画祭で史上6人目となるパルム・ドール名誉賞、2017年には60年以上にもわたる映画作りの功労が認められアカデミー名誉賞を受賞した巨匠アニエス・ヴァルダ。そして、大都市から紛争地帯、様々な場所で、そこに住む人々の大きなポートレートを貼り出す参加型アートプロジェクト「Inside Out(インサイド・アウト)」で知られる写真家・アーティストJR(ジェイアール)。

 『顔たち、ところどころ』は、そんな二人がフランスの田舎を旅しながら、村々に住む市井の人々とふれあい、作品を一緒につくり残していく、ロードムービー・スタイルのハートウォーミングなドキュメンタリーです。

 

 辛口批評サイトとして知られる「ロッテン・トマト」では2018年2月22日現在で100%という驚異の満足度を示し、メディアでも「大いに感動させられ、面白く、すべてが素晴らしい」(INDIEWIRE)、「忘れられない一本」(The New York Times)、「完璧!!!」(Rolling Srone)と絶賛評が並んでいます。

 第70回カンヌ国際映画祭にて最優秀ドキュメンタリー賞ルイユ・ドール(金の眼賞)、同年のトロント国際映画祭では最高賞にあたるピープルズ・チョイス・アワード(観客賞)のドキュメンタリー部門を受賞。また、第90回米国アカデミー賞、第43回セザール賞にもノミネートされるなど、世界の映画祭を席巻しました。

あらすじ

 映画監督のアニエス・ヴァルダ(作中で87歳)と、写真家でアーティストのJR(作中で33歳)は、ある日一緒に映画を作ることにした。JRのスタジオ付きトラックで人々の顔を撮ることにした二人は、さっそくフランスの村々をめぐり始めた。旅の条件は、”計画しないこと”。

 

 炭鉱労働者の村に一人で住む女性、ヤギの角を切らずに飼育することを信条とする養牧者、港湾労働者の妻たち、廃墟の村でピクニック、アンリ・カルティア・ブレッソンのお墓、ギイ・ブルタンとの思い出の海岸。JRの100歳になる祖母に会いに行き、J.L.ゴダールが映画『はなればなれに』を作ったルーブル美術館の最短見学記録を塗り替えたり・・・・・・・。アニエスのだんだん見えにくくなる目、そしてサングラスをけっして取ろうとしないJRにやきもきしながらも、時に歌い、笑いながら、でこぼこな二人旅は続く。

 

 フランスの田舎町をめぐり出会ったのは、美しい風景と、たくさんの顔、顔、顔。「JRは願いを叶えてくれた。人と出会い顔を撮ることだ。これなら皆を忘れない」とアニエスはつぶやく。願いを叶えてくれたお礼にと、彼女はJRにあるプレゼントをするが・・・・・・・・。

 


 

 

アフタートークを開催します。ゲストは、さいたま国際芸術祭2020のディレクターで映画監督の遠山昇司さん。映画監督ならではの視点で本作について語っていただく予定です。乞うご期待!

 

 

     

     

 

 

【日 時】2019年9月22日(日)14:30の回終了後

 

【ゲスト】遠山昇司(とおやま・しょうじ/映画監督、さいたま国際芸術祭2020ディレクター)

 

 

 

 

公演インフォメーション

上映日時

2019年9月
 19日(木)  10:30/14:30
 20日(金)  
10:30/14:30
 21日(土)  10:30/14:30/18:00
 22日(日)  10:30/14:30
 23日(月祝) 10:30/14:30

会場

彩の国さいたま芸術劇場 映像ホール

作品情報

【監督・脚本・ナレーション】アニエス・ヴァルダ、JR

【出 演】アニエス・ヴァルダ、JR

【音 楽】マチュー・シェディッド(-M-)

 

  (2017年/フランス/89分)

 

主催

特定非営利活動法人埼玉映画ネットワーク

提携

彩の国さいたま芸術劇場

 

チケットインフォメーション

料金
(税込)

【全席自由】
大人1,000円/学生500円*
※前売券なし・当日現金支払いのみ・各回入替制・整理券制
*学生証を確認する場合がございます。

 

オンラインチケット予約
SAFメンバーズ会員の方 一般の方

※当日券はご予約いただけません。