• TOP
  • 催物情報
  • 埼玉会館ランチタイム・コンサート第51回 石上真由子(ヴァイオリン)&山中惇史(ピアノ)

埼玉会館ランチタイム・コンサート第51回
石上真由子(ヴァイオリン)&山中惇史(ピアノ)

2021年12月22日(水) 開演12:10(終演予定13:00)

 

【重要】新型コロナウイルス感染症対策とご来場の皆さまへのお願い

チケットインフォメーション

一般発売

2021年10月3日(日)

メンバーズ発売

2021年10月2日(土)

お昼どきの50分、気軽に本格クラシックをお楽しみいただける好評のコンサート。第51回には、豊かな表現と高い演奏技術が評価され 活動の場を急拡大させているヴァイオリニスト 石上真由子と、作曲家・ピアニストとして昨今目覚ましい活躍を続ける山中惇史を迎えます。披露するのは、名曲モーツァルトのソナタ23番や、アメリカの作曲家コープランドによる洒脱な小品に加えて、12月にぴったりのクリスマスにちなんだ作品も含んだプログラム。イルミネーションが街を彩る季節、ヴァイオリンとピアノによる華やかなアンサンブルを楽しむひとときをどうぞご一緒に。

公演インフォメーション

日時

2021年12月22日(水)12:10開演(11:30開場)

会場

埼玉会館 大ホール

出演

石上真由子(ヴァイオリン)、山中惇史(ピアノ)

曲目

コープランド:ウクレレ・セレナード

モーツァルト:ヴァイオリン・ソナタ第23番 ニ長調 KV 306

シュニトケ:きよしこの夜

アンダーソン:そりすべり  ほか

主催

公益財団法人埼玉県芸術文化振興財団

後援

さいたま市

託児サービス

2歳以上の未就学児に対して託児のご予約を承ります。
(本公演への未就学児の入場はご遠慮いただいております)

【託児お申し込み先】
株式会社コマーム
048-240-5000(土・日・祝を除く9:00~18:00)
※お子さま1人につき1,000円の負担金をいただきます。
※公演1週間前までにお申し込みください。
※定員になり次第、締め切らせていただきます。

チケットインフォメーション

料金
(税込)

【一般・メンバーズ】全席指定1,000円

発売日

【一般】2021年10月3日(日)
【メンバーズ】2021年10月2日(土)

 

プロフィール

石上真由子(いしがみ まゆこ)/ ヴァイオリン

8歳の時にローマ国際音楽祭に招待される。
第77回日本音楽コンクール第2位、併せて聴衆賞及びE.ナカミチ賞受賞。その他、国内外のコンクールで優勝・受賞。NHKFM名曲リサイタルやリサイタル・ノヴァに出演。東京交響楽団、京都市交響楽団、仙台フィルハーモニー管弦楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団、ブラショフ国立交響楽団など、国内外でオーケストラと共演。海外の音楽祭にも多数出演。ソロ活動と共に長岡京室内アンサンブル、アンサンブル九条山のメンバーとしても活躍。Ensemble Amoibeシリーズ主宰。Music Dialogueアーティスト。CHANEL Pygmalion Days室内楽アーティスト。京都コンサートホール第1期登録アーティスト。令和元年度京都市芸術新人賞受賞。2019年度音楽クリティック・クラブ賞 奨励賞受賞。2019年度第29回青山音楽賞 青山賞受賞。日本コロムビアよりCD『ヤナーチェク:ヴァイオリン・ソナタ』好評発売中。

 

山中惇史(やまなか あつし)/ ピアノ

東京藝術大学音楽学部作曲科・ピアノ科の両科を卒業。同大学音楽研究科修士課程作曲専攻修了。第26回奏楽堂日本歌曲コンクール作曲部門第1位。
作曲家としては器楽、室内楽、合唱など多数が出版されている。ピアニストとしては2018年にリサイタルデビュー、また共演者として信頼も厚く国内外の著名なアーティストから指名を受け共演を重ねている。参加した各CDはレコード芸術誌にて特選盤、準特選盤に選出され、メディアにも多数出演。2019年にはソロアルバム『旅と憧れ』をリリース。2020年にピアニスト・作曲家の高橋優介とのピアノデュオ『176』(アン・セット・シス)を結成。自らの編曲によりオーケストラ作品の演奏に挑み、第1弾として『レスピーギ/ローマ三部作』をメインに演奏会を開催、同時にカワイ出版より楽譜出版、ライブレコーディングもされた。Twitter@ginyamagin

オンラインチケット予約
SAFメンバーズ会員の方 一般の方

※当日券はご予約いただけません。

オンラインチケット予約
SAFメンバーズ会員の方 一般の方

※当日券はご予約いただけません。