• TOP
  • 催物情報
  • 子どもと大人のためのダンス 『日本昔ばなしのダンス』

子どもと大人のためのダンス
『日本昔ばなしのダンス』

日本昔ばなしが踊り出す!
大人気シリーズ第7弾、埼玉会館に登場!

 

2023年3月25日(土) 13:00/16:00開演
    3月26日(日) 13:00/16:00開演

 

【重要】財団主催公演│新型コロナウイルス感染症対策とご来場の皆さまへのお願い

チケットインフォメーション

一般発売

2023年1月21日(土)

メンバーズ発売

2023年1月14日(土)

昔ばなしの世界にダンスでタイムスリップ!

 

日本の昔ばなしをダンスで綴る人気シリーズ第7弾!

大胆な発想と類稀な身体表現で観る者を魅了する振付家・ダンサー川村美紀子と、「コンドルズ」メンバーであり身体の動きの多様な可能性を追求する黒須育海。2人の気鋭振付家が日本昔ばなしを題材に新作をお届け!

子どもも大人も一緒に想像力をふくらませてドキドキ、ワクワク楽しめる舞台です。
ダンスの面白さや心躍る楽しさを体験しにぜひ劇場へ!

公演インフォメーション

日時

2023年3月25日(土)13:00/16:00開演
    3月26日(日)13:00/16:00開演

※開場は開演の30分前です。
※客席内へはチケット記載の整理番号順のご入場となります。

上演時間

約75分予定/途中休憩含む

会場

埼玉会館 大ホール舞台上

※特設会場での上演のため、通常の座席と仕様が異なるほか、座席数に限りがございます。
※車椅子でご来場の方は、必ず事前にSAFチケットセンター0570-064-939
(10:00~17:00/毎週月曜日および埼玉会館休館日を除く)までご連絡ください。

プログラム

『じごくのあばれもの』
振付:川村美紀子(かわむら・みきこ)
出演:青沼沙季、米澤一平、川村美紀子
衣装:村上美知瑠

 


 

『ごんぞうむし』
振付:黒須育海(くろす・いくみ)
出演:江口力斗、香取直登、黒須育海
衣装:北村教子

主催・企画・制作

彩の国さいたま芸術劇場(公益財団法人埼玉県芸術文化振興財団)

助成

文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)
独立行政法人日本芸術文化振興会

後援

埼玉県教育委員会/さいたま市教育委員会/公益社団法人全埼玉私立幼稚園連合会/埼玉県保育協議会

託児サービス

2歳以上の未就学児に対して託児のご予約を承ります。
(本公演への3歳未満のご入場はご遠慮いただいております)

【託児お申し込み先】
株式会社コマーム
048-240-5000(土・日・祝を除く9:00~18:00)
※お子さま1人につき1,000円の負担金をいただきます。
※公演1週間前までにお申し込みください。
※定員になり次第、締め切らせていただきます。

振付家プロフィール

川村美紀子(かわむら・みきこ)/『じごくのあばれもの』振付・出演

振付家・ダンサー。1990年生まれ。日本女子体育大学舞踊学専攻卒業。2011年より国内外で作品上演を重ね、「どこからかの惑星から落下してきたようなダンス界のアンファン・テリブル」(Dance New Air 2014/石井達朗氏)と紹介される。2013-16年度(公財)セゾン文化財団ジュニア・フェロー。横浜ダンスコレクション EX2015「審査員賞」及び「若手振付家のための在日フランス大使館賞」受賞後、渡仏。身体の衝動を大切に、劇場のほか屋外やライブイベントでのパフォーマンス、映像・音楽・アクセサリー製作など多彩な活動を展開。

 


 

黒須育海(くろす・いくみ)/『ごんぞうむし』振付・出演

振付家・ダンサー。ダンスカンパニー「ブッシュマン」主宰。「コンドルズ」メンバー。異形な身体を探求する独自の世界観が話題となる。2015年「ダンスがみたい!新人シリーズ13」新人賞受賞。横浜ダンスコレクションにて「審査員賞」を含む3つの賞を受賞、韓国、ハンガリー、ルーマニア、マレーシアに招聘される。2020年、第14回日本ダンスフォーラム賞受賞。舞台活動のほか、タレント・ダンサー・アーティストMVの振付や子ども・シニア向けワークショップも行う。有明教育芸術短期大学非常勤講師。

チケットインフォメーション

料金
(税込)

【全席自由(整理番号付)】
大人(高校生以上)     :2,000円
子ども(3歳〜中学生以下):1,000円

発売日

【一般】2023年1月21日(土)
【メンバーズ】2023年1月14日(土)

 

プロフィール

profile

青沼沙季(あおぬま・さき)/『じごくのあばれもの』出演

東京都出身。日本女子体育大学舞踊学専攻卒業。ダンスを笠井叡、伊藤キムに師事。ボイストレーニングを今角夏織に師事。現在は、コンテンポラリーダンスという枠組みを時々飛び出しながら身体表現をしている。その傍ら、保健体育科の教員として、中高生への授業を担当。「身体表現を循環させる」という目標があり、自分自身も踊りや歌を日々学びながら、次の世代へ伝えること、また若い世代の新しい発想を引き出して、インスピレーションを受けることを大切にしている。

profile

米澤一平(よねざわ・いっぺい)/『じごくのあばれもの』出演

1989年生まれ。東京都出身。タップパフォーマー/音楽家/空間創作家。TAPDANCEのスキルをベースに身体、音楽、アートなど様々な表現分野との領域を横断するパフォーマンス活動を展開。時間を過ごす間に他者との関係、距離感、思考や感覚が変容していく様に興味をもち、共有空間を通じて世代や経験、ジャンルを越えて、人の創作エネルギーやアイデアをミックスさせ、空間を異化し新たな体感の場を鑑賞者と共に作り上げていくプロジェクトを行う。

村上美知瑠(むらかみ・みちる)/『じごくのあばれもの』衣装

衣装作家。国際基督教大学卒業。ニューヨーク州立ファッション工科大学(F.I.T)在学中、マシュー・バーニーがビョークと協働したフィルム『拘束のドローイング9』(2005)の衣装担当に抜擢される。帰国後、川村美紀子、ダンスアートグループtantan、映画監督の岩井俊二率いるバンドの衣装制作など、衣装デザインの領域を広げてきた。現在は原宿の店舗「バラ色の帽子」、自身のブランド「Sleeptravelling」を拠点に活動中。創造の始まりに出会える場所を目指し、ジャンルを超えたプロジェクトにも取り組む。

profile

江口力斗(えぐち・りきと)/『ごんぞうむし』出演

1996年生まれ。埼玉県出身。大東文化大学卒業。大学在学中に「コンドルズ」石渕聡の講義にてダンスに触れ合い、20歳より本格的にダンスに取り組みはじめる。2017年コンドルズ特別公演「国宝人間級10」準グランプリ受賞。2019年、座・高円寺ダンスアワード奨励作品賞受賞。黒須育海主宰「ブッシュマン」所属。

profile

香取直登(かとり・なおと)/『ごんぞうむし』出演

振付家・ダンサー。埼玉大学工学部卒業。在学中から近藤良平、平原慎太郎の作品に出演。コンタクトを通してリアルに反応する体、物語を感じられる作品創りを目指す。Dance Creation Award 2014第一位。横浜ダンスコレクション EX2015「シビウ国際演劇祭賞」、「Touchpoint Art Foundation賞」、ヨコハマダンスコレクション2021-DEC「奨励賞」受賞。俳優としても活動し、長塚圭史演出『作者を探す六人の登場人物』、小林顕作演出『パタリロ!』、中屋敷法仁演出『文豪ストレイドッグス』出演。

北村教子(きたむら・のりこ)/『ごんぞうむし』衣装

ドラァグクイーンの衣装製作をきっかけに、2000年頃からダンスパフォーマンス作品に関わる。主な作品に、川口隆夫『大野一雄について』「『バラ色ダンス 純粋性愛批判』序章」、 藤本隆行 Kinsei R&D『T/IT: 不寛容について』『true/本当のこと』など。Dance Theatre LUDENSや平井優子、ダムタイプの作品にも参加。 コンテンポラリーダンス、舞踏のほか、フラメンコやバレエ衣装も手掛けている。2019年より、黒須育海主宰「ブッシュマン」の衣装を担当。

オンラインチケット予約
SAFメンバーズ会員の方 一般の方

※当日券はご予約いただけません。

オンラインチケット予約
SAFメンバーズ会員の方 一般の方

※当日券はご予約いただけません。