• TOP
  • 催物情報
  • 埼玉会館ランチタイム・コンサート第55回 Piano duo SAKAMOTO(坂本彩・坂本リサ ピアノデュオ)

埼玉会館ランチタイム・コンサート第55回
Piano duo SAKAMOTO(坂本彩・坂本リサ ピアノデュオ)

2023年2月3日(金) 開演12:10(終演予定13:00)

 

【重要】新型コロナウイルス感染症対策とご来場の皆さまへのお願い

チケットインフォメーション

一般発売

2022年10月16日(日)

メンバーズ発売

2022年10月15日(土)

お昼どきの50分、気軽に一流の演奏をお楽しみいただける好評のコンサート。
第55回には、2021年ARDミュンヘン国際音楽コンクールのピアノデュオ部門において、日本人デュオとして初の第3位及び聴衆賞を獲得し、一躍注目を集めている坂本彩・坂本リサ姉妹を迎えます。
リサイタルや国内オーケストラとの共演等、活躍の場を広げる一方で、現在ともにドイツのロストックで研鑽を積む二人が一時帰国、親密な4手連弾と華やかでダイナミックな2台ピアノを織り交ぜた、とびっきりのプログラムを披露いたします。
「デュオを始めたのは、それぞれが6歳と4歳のとき」という二人ならではの息ぴったりのアンサンブルで、ピアノデュオの豊かな世界を満喫してみませんか。

公演インフォメーション

日時

2023年2月3日(金)12:10開演(終演予定13:00)

会場

埼玉会館 大ホール

出演

坂本 彩、坂本リサ(ピアノ)

曲目

三善晃:《唱歌の四季》より〈朧月夜〉 [2台ピアノ]

フォーレ:組曲《ドリー》 作品56より [4手連弾]

シューベルト:人生の嵐 D 947 [4手連弾]

ルトスワフスキ:パガニーニの主題による変奏曲[2台ピアノ]

ラヴェル:ラ・ヴァルス [2台ピアノ]

主催

公益財団法人埼玉県芸術文化振興財団

託児サービス

2歳以上の未就学児に対して託児のご予約を承ります。
(本公演への未就学児の入場はご遠慮いただいております)

【託児お申し込み先】
株式会社コマーム
048-240-5000(土・日・祝を除く9:00~18:00)
※お子さま1人につき1,000円の負担金をいただきます。
※公演1週間前までにお申し込みください。
※定員になり次第、締め切らせていただきます。

チケットインフォメーション

料金
(税込)

【一般・メンバーズ】全席指定1,000円

発売日

【一般】2022年10月16日(日)
【メンバーズ】2022年10月15日(土)

 

プロフィール

Piano duo SAKAMOTO(坂本彩・坂本リサ ピアノデュオ)

第70回ARDミュンヘン国際音楽コンクールピアノデュオ部門において、日本人デュオとして初の第3位入賞・併せて聴衆賞を受賞。第7回国際ピアノデュオコンペティション(ポーランド)にて第1位、第21回シューベルト国際ピアノデュオコンクール(チェコ)にて第1位を受賞するなど、国内外のコンクールにおいて上位入賞を重ねる。

2022年3月、日本センチュリー交響楽団定期演奏会において、久石譲氏作曲「Variation 57~2台のピアノのための協奏曲~」管弦楽版を作曲者自身による指揮のもと世界初演。東京交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、日本センチュリー交響楽団、バイエルン放送交響楽団との共演をはじめ、主要ホールでのリサイタルや演奏会への出演など、日本とドイツを拠点に積極的な演奏活動を行っている。NHK「クラシック倶楽部」「ベストオブクラシック」「囲碁フォーカス」ほか、メディアにも多数出演。

彩は桐朋学園大学音楽学部を経て、東京藝術大学大学院修士課程ピアノ科を修了。修了時に大学院アカンサス賞、藝大クラヴィーア賞を受賞。
リサは東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校、東京藝術大学を卒業、同大学院修士課程ピアノ科にて研鑽を積む。学部卒業時に同声会賞を受賞。
2019年、姉妹ともに渡独し、ドイツ国立ロストック音楽・演劇大学ピアノデュオ科修士課程を最優秀の成績で修了。現在、同大学の国家演奏家資格課程に在籍。2020年よりドイツ・Familie-Rahe財団奨学生。2022年ブルーノ・フライ音楽賞を受賞。ピアノデュオを加藤真一郎、伊藤恵、Hans-Peter Stenzl&Volker Stenzlの各氏に師事。

オンラインチケット予約
SAFメンバーズ会員の方 一般の方

※当日券はご予約いただけません。

オンラインチケット予約
SAFメンバーズ会員の方 一般の方

※当日券はご予約いただけません。