• TOP
  • 催物情報
  • 埼玉会館ランチタイム・コンサート第41回 きりく・ハンドベルアンサンブル

埼玉会館ランチタイム・コンサート第41回
きりく・ハンドベルアンサンブル

2019年12月6日(金) 開演12:10(終演予定13:00)

チケットインフォメーション

一般発売

2019年8月25日(日)

メンバーズ発売

2019年8月24日(土)

お昼どきの50分、トークも交えながら気軽に一流の演奏をお楽しみいただける、好評のクラシック・コンサート。
第41回は、その圧倒的な音楽性とテクニックで世界中にファンを持つ きりく・ハンドベルアンサンブルがランチタイム・コンサートへ2回目の登場。
12月の今回はクリスマスにちなんだ曲をはじめとする、ハンドベルの魅力がたっぷり楽しめるプログラム。クリスマス飾りが街を彩り心躍る時期、美しいハンドベルの響きに酔いしれるひとときをどうぞご一緒に。

公演インフォメーション

日時

2019年12月6日(金)12:10開演(終演予定13:00)

会場

埼玉会館 大ホール

出演

きりく・ハンドベルアンサンブル
 大坪泰子(主宰) ほか

曲目

シューベルト:アヴェ・マリア
アダン:オー・ホーリー・ナイト
ピアソラ:ブエノスアイレスのマリア  ほか

主催

公益財団法人埼玉県芸術文化振興財団

後援

さいたま市

託児サービス

2歳以上の未就学児に対して託児のご予約を承ります。
(本公演への未就学児の入場はご遠慮いただいております)

【お申し込み先】
株式会社コマーム
048-240-5000(土・日・祝を除く9:00~18:00)
※お子さま1人につき1,000円の負担金をいただきます。
※公演1週間前までにお申し込みください。
※定員になり次第、締め切らせていただきます。

 

チケットインフォメーション

料金
(税込)

【一般・メンバーズ】全席指定1,000円

発売日

【一般】2019年8月25日(日)
【メンバーズ】2019年8月24日(土)

 

プロフィール

きりく・ハンドベルアンサンブル

ハンドベル界のトップ奏者として世界的に活躍する大坪泰子の主宰によるハンドベルグループ。
管、打楽器等出身の若手に低音部の名手福田義通を迎え、徹底的な準備期間を経て2004年に浜離宮朝日ホールにてデビュー公演を行うも早々に完売、そのテクニックと音楽性で話題を集める。各地での演奏会でも「本当に感動して泣ける音楽」として好評を博しファンを増やしている。
現在、最もその活躍と将来性が期待されているハンドベルアンサンブルであり、ハンドベル音楽の表現の可能性と質を更に高めるグループとして定評を得ている。
2007、2009年のアメリカツアー及び2011年エストニアにてゲスト出演した国際フェスティバルでは、「世界で最も素晴らしいハンドベルアーティスト」と評され、絶賛を博した。更に、2013年7、8月のアメリカツアーでは、ファンの期待をも上回る圧倒的なパフォーマンスで熱狂的な喝采を浴び、あらためてハンドベル芸術の最高峰と称えられる。

 

主宰/大坪 泰子 Taiko Otsubo

ハンドベルの既成概念を次々に覆す若き第一人者。その意志に共鳴した作曲家たちから数多くの新作も献呈されている。世界初のハンドベルによるカーネギーホール公演、大統領夫妻の招待によるホワイトハウスでの演奏会なども行う。1992年、自らチェンバーリンギング・ソロイスツ(CRS)を結成、主宰。その全く新しい演奏スタイルと深い音楽性で注目され、ハンドベル界のパイオニア的存在となる。国内外で人気を博し、ウィーンフィルのトップメンバー達と共演するなど欧州でも活躍。TVにも「題名のない音楽会」「徹子の部屋」NHK「おはよう日本」等数多く出演。CD『天使の復活』『ハンドベル・バッハ』の2枚を東芝EMIよりリリース、そのライナー執筆も手がけるなど文筆面での人気も高い。2001年、結成10年となるCRSを惜しまれつつ解散。その後アメリカのトップグループ、ソノス・ハンドベルアンサンブルの日本公演をプロデュース、メンバーとしても日米のツアーやレコーディングに度々参加し絶賛を博す。海外から指導者としての要請も多く、国際フェスティバルの招待講師なども務める。きりく・ハンドベルアンサンブル主宰。

オンラインチケット予約
SAFメンバーズ会員の方 一般の方

※当日券はご予約いただけません。