彩の国さいたま芸術劇場
彩の国さいたま芸術劇場

検索

  • TOP
  • 公演情報
  • 彩の国シネマスタジオ『否定と肯定』※前売券はございません。当日現金支払いのみ。アフタートークあり!

公演情報
performance information

彩の国さいたま芸術劇場

シネマ・イベント

彩の国シネマスタジオ 『否定と肯定』

彩の国シネマスタジオ 『否定と肯定』

2018年7月
25日(水) 10:30/14:30/18:00
26日(木) 10:30/14:30/18:00
27日(金) 10:30/14:30/18:00
28日(土) 10:30/14:30/18:00
29日(日) 10:30/14:30

※前売券なし・当日現金支払いのみ・全席自由・各回入替制・整理券制
★29日(日)14:30の回終了後、芝健介氏によるアフタートークあり!
 

 

”真実”とは何か?
ユダヤ人歴史学者と否定論者、かつてない対決の行方
ホロコースト、信念の法廷が今始まったー

 

ナチスドイツによる大量虐殺はなかったと主張するホロコースト否定論者と、 ユダヤ人歴史学者が裁判で争い、世界中の注目を集めた実在の事件を基に描かれた法廷劇。勝利のために歴史の真実を追求するユダヤ人歴史学者を『光をくれた人』のレイチェル・ワイズ、ホロコースト否定論を唱える歴史学者を『ターナー、光に愛を求めて』のティモシー・スポールが演じる。監督は、『ボディガード』の監督であり、最近はドキュメンタリーを数多く手掛けているミック・ジャクソン。

あらすじ

1994年、アメリカのジョージア州アトランタにあるエモリー大学でユダヤ人女性の歴史学者デボラ・E・リップシュタットの講演が行われていた。彼女は自著「ホロコーストの真実」でイギリスの歴史家デイヴィッド・アーヴィングが訴える大量虐殺はなかったとする“ホロコースト否定論”の主張を看過できず、真っ向から否定していた。アーヴィングはその講演に突如乗り込み彼女を攻め立て、その後名誉毀損で提訴という行動に出る。異例の法廷対決を行うことになり、訴えられた側に立証責任がある英国の司法制度の中でリップシュタットは〝ホロコースト否定論“を崩す必要があった。彼女のために、英国人による大弁護団が組織され、アウシュビッツの現地調査に繰り出すなど、歴史の真実の追求が始まった。そして2000年1月、多くのマスコミが注目する中、王立裁判所で裁判が始まる。このかつてない歴史的裁判の行方は…。


 

 

●7月29日(日)14時30分の回終了後アフタートークがあります!
【登壇者】芝健介(しば・けんすけ)
[東京女子大学名誉教授 ドイツ近現代史]
どうぞおたのしみに!

公演インフォメーション

上映日時

2018年7
 25日(水) 10:30/14:30/18:00
 26日(木)
10:30/14:30/18:00
 27日(金) 10:30/14:30/18:00
 28日(土) 10:30/14:30/18:00
 29日(日) 10:30/14:30

会場

彩の国さいたま芸術劇場 映像ホール

作品情報

【監督】ミック・ジャクソン
【出演】レイチェル・ワイズ、ティモシー・スポール、トム・ウィルキンソンほか
(2016年/イギリス・アメリカ/110分)

主催

特定非営利活動法人埼玉映画ネットワーク

提携

彩の国さいたま芸術劇場

後援

埼玉県教育委員会、さいたま市教育委員会

チケットインフォメーション

料金
(税込)

【全席自由】
大人1,000円/学生500円*
※前売券なし・当日現金支払いのみ・各回入替制・整理券制
*学生証を確認する場合がございます。

オンラインチケット予約
SAFメンバーズ会員の方 一般の方

※当日券はご予約いただけません。