• TOP
  • 催物情報
  • 彩の国シネマスタジオ 埼玉会館上映会 『栄光のランナー 1936ベルリン』※前売券はございません。当日現金払いのみ。

彩の国シネマスタジオ 埼玉会館上映会
『栄光のランナー 1936ベルリン』

2021年11月
 3日(水祝) 10:30/14:30/18:30

 

※18:30の回は、新型コロナ感染症拡大の状況により、上映中止となる場合がございます。来場前に電話またはホームページ等でご確認ください。

※前売券なし・当日現金支払いのみ・全席自由・各回入替制・整理券制

【重要】彩の国シネマスタジオ/新型コロナ感染症拡大防止対策とご来場の皆さまへのお願い

※上映会は当面のあいだ入場制限を継続する予定です。

 

 

「ヒトラーのオリンピック」に挑んだ

アメリカ合衆国、伝説の”四冠メダリスト”

ジェシー・オーエンスの真実の物語

オリンピックをめぐって繰り広げられる 人種差別、政治対立、裏取引

彼を支える人々と一人の男の勇気が、

歴史を変え、世界に奇跡を起こす!

 

 

この映画は、オリンピックを巡る一人の勇気ある男の活躍を軸にして、人種を超えた深い絆と友情を通して達成された偉業を描くとともに、ナチスドイツの人種主義政策に異を唱える人々の姿をとらえた感動のドラマです。

主人公であるジェシー・オーエンスは、アメリカ合衆国の陸上選手で、黒人選手としてベルリンオリンピック大会で偉業をなした伝説の人物として歴史に名を刻んでいます。

オーエンスは、中学時代から類稀な才能を発揮し数々の記録を樹立します。裕福な家庭ではありませんでしたが、オハイオ州立大学に進学し、競技生活も含め公私で彼を支えていくことになるコーチのラリー・スナイダーと出会います。彼らは対立しながらも、やがて互いに理解を深め、陸上に対する情熱をともに高める強い絆で結ばれていきました。的確な指導と天才的な才能が融合することで、世界で比類のないスター選手へと昇り詰めていくことになります。こうして二人は黒人と白人という人種の壁を越え、さらに選手とコーチという立場も超えて、人間としても深い絆と友情で結ばれます。本作では、この二人によって成し遂げられた偉業を、スポーツの枠に留まらず、世界中に勇気と感動を与えた物語として描いているのです。

一方、1936年ベルリンオリンピック大会は、ナチスドイツが「アーリア人種の優越性」を証明し国威を発揚するためのプロパガンダとして開催した「ヒトラーのオリンピック」でした。このオリンピックを巡り、人種差別主義やナチスドイツへの支持工作が暗躍します。アメリカ合衆国では、ナチスに異を唱え派遣に反対する者と、政治とスポーツの分離を唱え出場することでアメリカの活性化を訴える者とが激しく対立していましたが、結果的に僅差で参加が決まります。こうして何とかベルリン大会に出場することになったジェシー・オーエンスの卓越したパフォーマンス、そしてオリンピック競技で示される選手たちのスポーツマンシップは、ヒトラーの思惑を打ち破ることになります。

彼は、ヒトラーの期待を一身に背負ったドイツの走り幅跳び選手で難敵のルッツ・ロングをオリンピック記録を更新する大ジャンプで打ち破り、金メダルを手にします。さらに二人は激闘を通して友情を深め、ルッツはジェシーと並んでメディアの撮影に応じるなど、ナチスの人種政策にも異を唱えたのです。こうして、ジェシー・オーエンスはトラック4種目で金メダルを獲得し、人種に関係なく世界で活躍することができることを世界に証明した選手として歴史に名を刻むことになります。

選手だけではありません。気鋭の映画監督としてヒトラーも認める存在で、ベルリンオリンピックの記録映画「オリンピア」の監督レニ・リーフェンシュタールも、ヒトラーの思惑を退けます。彼女は、ナチスの宣伝大臣ゲッペルスからオーエンスの撮影を禁じられたにもかかわらず撮影を強行します。そしてナチスとの決定的な対立を避けながら記録映画を完成させ、人種に関係なくもたらされるスポーツの感動や興奮を映像に収め、世界に発信したのでした。

本作は、人種差別と闘い、歴史的な記録を打ち立て、世界中に衝撃を与えた黒人選手の激動の2年間を描くとともに、ナチスドイツに勇気をもって異を唱えた人々の姿を描いた感動のドラマです。

 

あらすじ

貧しい家庭に生まれながらもジェシー・オーエンスは、中学時代から陸上選手として類稀な才能を発揮し、家族の期待を一身に背負ってオハイオ州立大学に進学した。そこで彼は婚約者のルース・ソロモンと娘の生活を支えるため、仕事をしながら競技生活を送ることになった。

コーチのラリー・スナイダーは、オーエンスの走りを見てその才能に狂喜し、アルバイト代を得られるよう便宜を図るなど、彼に心血を注ぎ指導に打ち込む日々を過ごしていく。こうしてオーエンスは恵まれた大学生活を送ってはいたが、黒人に対する人種差別に心を掻き乱されることも多々経験するのだった。

1935年大学陸上競技大会のひとつビッグテン選手権で「スポーツにおけるもっとも偉大な45分」として今日に知られている大記録を樹立するまでの選手に成長した。その後様々な陸上大会においても圧倒的強さを示し、ベルリンオリンピックの代表選手候補として名をはせるのだった。しかし有名になると女性とのゴシップ報道にもまきこまれ、競技でも集中力を欠きライバル、ピーコックに敗れるなど、失意にうちにあった。

1936年ベルリン・オリンピックは、「ヒトラーのオリンピック」と呼ばれ、アメリカオリンピック委員会ではオリンピック出場を巡り激論が繰り広げられたが、投票の結果、僅差で参加が決定された。一方で、ナチスの人種差別政策は黒人であるオーエンスにとっても認めがたいものであり、それを理由にオリンピックに出場しないでほしいという全米黒人地位向上協会からの申し出があるなど、オリンピック出場に対し深く苦悩することになる。オリンピック出場を断念まで考えた彼のもとに現れたのは、怪我でオリンピック出場の望みを絶たれたライバルのピーコックだった。彼の「ヒトラーの鼻を明かすんだ」、オリンピック出場こそが人種差別への抗議になるのだと訴えを受けたオーエンスは、ついにオリンピックでの活躍を決意した。

こうしてアメリカ代表としてオリンピックに出場したオーエンスは、金メダルをナチスに渡すことはできないと活躍し、4つの金メダルを手にした。しかし、帰国したオーエンスを待ち受けていたものとは‥‥‥。

 

 

 

 

 

公演インフォメーション

日時

2021年11月
 3日(水祝) 10:30/14:30/18:30

※18:30の回は、上映中止となる場合がございます。来場前に電話またはホームページ等でご確認ください。

会場

埼玉会館 小ホール

作品情報

【監 督】 スティーヴン・ホプキンス

【脚 本】 ジョー・シュラップネル&アナ・ウォーターハウス

【出 演】 ステファン・ジェイムス、ジェイソン・サダイキス、イーライ・ゴリー、シャニース・バンタン、カリス・ファン・ハウテン、ジェレミー・アイアンズ、ウィリアム・ハート、デヴィッド・クロス、バーナビー・メッチェラート、シャミア・アンダーソン、グリン・ターマンほか

       (2016年/アメリカ・ドイツ・カナダ/134分)

主催

特定非営利活動法人埼玉映画ネットワーク

提携

埼玉会館

必ずお読みください

◆マスクを着用されていない方はご入場いただけません。会場内では常時マスクの着用をお願いいたします。

◆受付時に検温を実施します。37.5度以上の熱があった場合は、入場をお断りさせていただきます。予めご了承ください。

◆新型コロナ感染症拡大防止の対策のため、入場にあたってお名前と連絡先の記入をお願いしています。

◆上映会は当面のあいだ入場制限を継続する予定です。

※新型コロナウイルス感染症拡大防止対策についての詳細はこちらもあわせてご確認ください。ご来場の前にご一読をお願いいたします。

チケットインフォメーション

料金
(税込)

【全席自由】

一般1,100円/小中高生550円*(何れも税込)

※前売券なし・当日現金支払いのみ・各回入替制・整理券制

*学生証を確認する場合がございます。

 

オンラインチケット予約
SAFメンバーズ会員の方 一般の方

※当日券はご予約いただけません。

オンラインチケット予約
SAFメンバーズ会員の方 一般の方

※当日券はご予約いただけません。