詳細|お知らせ
News

彩の国さいたま芸術劇場 |

演劇

『朝のライラック』が第12回小田島雄志・翻訳戯曲賞を受賞しました!

2019年12月17日

さいたまネクスト・シアター 世界最前線の演劇3『朝のライラック』の上演において、ガンナーム・ガンナーム氏(演出家・劇作家・俳優)のアラブ語戯曲の翻訳を手掛けた渡辺真帆氏が「第 12 回小田島雄志・翻訳戯曲賞」を受賞しました。

当財団では2018年よりさいたまネクスト・シアターの取り組みとして「世界最前線の演劇」をスタートし、シリーズ第3弾に『朝のライラック』を上演致しました。(2019年7月18日~28日)

*さいたまネクスト・シアター 世界最前線の演劇3『朝のライラック』の公演詳細はこちら