• TOP
  • 公演情報
  • 《世界ゴールド祭》 キックオフ! シンポジウム&ワークショップ

公演情報
performance information

彩の国さいたま芸術劇場

シネマ・イベント

WORLD GOLD THEATER  世界ゴールド祭 キックオフ!

WORLD GOLD THEATER  世界ゴールド祭 キックオフ!

高齢社会における芸術文化の可能性
~劇場は地域に何をもたらすことができるのか~

4日間にわたり、シンポジウム&ワークショップを開催!

2017年9月21日(木)~9月24日(日)

※要事前申込

社会の高齢化は先進国に共通の課題であり、各国でシニア世代が参加するアート活動の気運が高まっています。
高齢者が輝けば、世界はもっと楽しくなる!世界のムーヴメントをつなぎ、交流によって熱気と知見の交換・発展を目指した「世界ゴールド祭」開催への足がかりとして、今回は、多くの先進的なプログラムを擁する英国の事例を紹介します。
超高齢社会に突入した今、そして未来に向けて、芸術文化は何ができるのか。劇場は地域に何をもたらすことができるのか。
参加される皆さまとともに考え、可能性を探る4日間になることを期待しています。


公演インフォメーション

開催期間

2017年9月21日(木)~9月24日(日)

会場

彩の国さいたま芸術劇場 小ホール

スケジュール

■DAY1:9月21日(木) 《シンポジウム》 

●13:00-15:00 (受付12:30-小ホール)
  【事例1】 サドラーズ・ウェルズ劇場(英国)

 欧州随一の専門劇場が、世界レベルの製作上演とならび重要視する地域コミュニティに向けたプログラムから、60歳以上の市民を対象とした活動を紹介。英国のシニアダンスをリードする「カンパニー・オブ・エルダーズ」団員も登場します。
〈発表者〉 ジョス・ジャイルズ、カンパニー・オブ・エルダーズ団員ほか

●15:15-17:15
  【事例2】 彩の国さいたま芸術劇場

平均年齢78歳の演劇集団「さいたまゴールド・シアター」と、60歳以上の出演者約1,600人による大群集劇「1万人のゴールド・シアター2016」を題材に、彩の国さいたま芸術劇場の取り組みを紹介します。
〈発表者〉 ノゾエ征爾、「1万人のゴールド・シアター2016」出演者 ほか



■DAY2:9月22日(金) 《シンポジウム&ワークショップ》 

●12:00-14:00 (受付11:30-小ホール)
  【事例3】 エンテレキー・アーツ&オールバニー劇場

地域に暮らす支援を必要とする高齢者に寄りそった参加型プログラムで、独自の手法を培ってきたエンテレキー・アーツとその拠点劇場のディレクターが、行政、医療セクターを巻き込んだ協働の在り方にも踏み込んで、先進的な活動をレポート。
〈発表者〉 デービッド・スレイター、ギャビン・バーロウ
 

●14:15-15:15 
   【ワークショップ 体験セッション】

   カンパニー・オブ・エルダーズ ダンスワークショップ 体験セッション

シニア世代のダンス表現をめぐる様々なポイントを、体験を通して感じていただくワークショップ。年齢を重ねた人々の身体表現に関心のあるすべての人のためのセッションです。
〈講師〉 シモーナ・スコット
〈定員〉 30名 
※要事前申込・ダンス経験がない方もお気軽にご参加ください。

15:30-17:30
      【ラウンド・トーク】 
    テーマ:高齢社会に輝きをもたらす、これからの劇場の在り方を考える

    〈座長〉 太下義之
    〈パネラー〉 ジョス・ジャイルズ、デービッド・スレイター ほか

●18:00-20:00
      【レセプション】

シンポジウムに参加された皆さまが交流を深め、自由に意見交換・情報共有をおこなっていただく場です。多くの皆さまのご参加をお待ちしております。
〈参加費〉 2,000円 (会場:彩の国さいたま芸術劇場内レストラン)
 ※参加費は当日、会場にてお支払いください。
 



■DAY3&4:9月23日(土)&24日(日) 《ワークショップ》 
 
  60歳以上の男女のためのダンス・ワークショップ

「いくつになっても踊りはじめよう!」 サドラーズ・ウェルズ劇場から、カンパニー・オブ・エルダーズを指導するスペシャリストが直接指導。60歳以上に限定して、踊る楽しさを体感していただくワークショップを開催します。ダンスの経験がない方もお気軽にご参加ください!
〈講師〉 シモーナ・スコット
〈対象〉 60歳以上限定・ダンス経験不要
〈定員〉 各回20名 ※要事前申込

〈スケジュール〉 ※受付は各回30分前-小ホール
◎9月23日(土)
  10:30-12:30 ワークショップ①
  14:00-16:00 ワークショップ②

◎9月24日(日)
  10:30-12:30 ワークショップ③

参加申込要項

【申込方法】 下記《必要事項》を明記し、郵送、FAX、E-mailにてお申込みください。

    《必要事項》
      ①お名前(ふりがな) 
      ②ご所属(団体名/部署・役職)
      ③ご連絡先(住所/TEL/FAX/E-mail)
      ④参加を希望されるプログラム 
      ※ワークショップへのお申込みはお1人1回のみとさせていただきます。

      ⑤「1万人のゴールド・シアター」参加者の方はその旨と「番号」をお知らせください。
 

【申込締切】 9月15日(金)※消印有効(郵送の場合)

※シンポジウムは当日の参加もお受けいたしますが、事前申込みの方の入場を優先させていただきます。
※ワークショップ(22日~24日)の受講を希望される方は必ず事前にお申し込みください。
希望者多数の場合には先着順。定員により受講いただけない場合にのみご連絡いたします。

ワークショップの申込は締切りました。多くのお申し込みありがとうございました。

【申込先・お問合せ】
    〒338-8506 埼玉県さいたま市中央区上峰3-15-1
    公益財団法人埼玉県芸術文化振興財団(彩の国さいたま芸術劇場)
    事業部 「世界ゴールド祭」係
    ■TEL:0570-064-939 (休館日を除く 10:00~19:00)
    ■FAX:048-858-5515
    ■E-mail: worldgold@saf.or.jp
 

*********************************************************
 

■チラシ(参加申込用紙)は下記よりダウンロードしてご利用いただけます。

 チラシ裏面(参加申込用紙)/ ●表紙  / ●中面(左)  / ●中面(右)

 


〈ワークショップ参加の皆さまへ〉

 ワークショップ内容には日常生活とは異なる体の動きをともないます。

動きやすい服装でご参加ください
(Tシャツ・伸縮性のあるズボン・スパッツなど
。足下は裸足・ソックス・ダンスシューズなど。スカートやストッキングは不向きです。更衣室あり)
車椅子や歩行に杖を使用されている方、その他の介助を必要とされる方は事前にご相談ください。
当日はワークショップ開始までに受付・着替えを済ませて、会場にてお待ちください。
(受付は各回開始30分前-小ホール受付)

主催・企画・製作

公益財団法人埼玉県芸術文化振興財団

助成

一般財団法人地域創造


損保ジャパン日本興亜「SOMPO アート・ファンド」(企業メセナ協議会 2021 Arts Fund)


グレイトブリテン・ササカワ財団

協力

チケットインフォメーション

料金
(税込)

参加無料・要事前申込
※レセプション(22日) 参加費2,000円(参加費は当日、会場にてお支払いください)

プロフィール
PROFILE

サドラーズ・ウェルズ劇場&カンパニー・オブ・エルダーズ

profile

最先端のコンテンポラリー・ダンスから、バレエ、タンゴ、ヒップホップまで多様なダンス・プログラムを誇る専門劇場。作品の委嘱製作に力を入れ、プロデュース作品は世界の主要劇場で上演されている。専門劇場ならではの高い芸術性と世界有数のリソースを基盤に、コミュニティに向けた活動では多くの市民に創造的な刺激と学びの場を提供している。シニアを対象としたプログラムには、60歳以上の男女が参加するダンス・カンパニー「カンパニー・オブ・エルダーズ」、30年間続くアート・クラブ、2年に一度開催するシニア・ダンサーのためのダンス・フェスティバル「エリクシール」がある。

 

ジョス・ジャイルズ
(ラーニング&エンゲージメント部門 ディレクター)
2016年10月、現職に就任。これまで、ランベール(ランベール・ダンス・カンパニー、2013年から名称変更)にてクリエイティブ・プロジェクトのディレクターを務め、その傍ら、同カンパニーの教育・参加型プログラム及びアーティスト育成について知見を得る。ダンス教育の分野でのキャリアを開始する以前は、ダンサーとしてペーター・シャウフス・バレエ、スコティッシュ・バレエ等で活躍。


シモーナ・スコット
(カンパニー・オブ・エルダーズ リハーサル・ディレクター)
高齢の人々を対象としたダンスの指導者として、既に15年以上の実績を持もつ。「カンパニー・オブ・エルダーズ」のリハーサル・ディレクターとして、マシュー・ボーン、ホフェッシュ・シェクター、ウェイン・マクレガー等の作品に携わる。またカンパニーの委嘱による自身の振付作品は、英国内外の劇場で上演された。ロンドンを中心に複数の高齢者ダンス・クループを指導、作品を提供している。ロンドン・コンテンポラリー・ダンス・スクール等でマスタークラスも行う。

エンテレキー・アーツ&オールバニー劇場

profile

エンテレキー・アーツはロンドン南東の地域社会に深く根付いた参加型アート・プロジェクトを展開する芸術団体。長期的な病気や複雑な障害を抱える若者、複合的な障害を抱える成人、学習障害や高齢化にともなう障害のある高齢者など、社会から孤立しかねない人々をつなぐ独自の手法は、英国内で高く評価されている。近年はデプトフォード地区にあるコミュニティ・シアター オールバニー劇場とのパートナーシップにより、孤立した虚弱な高齢者のニーズに焦点をあてた「ミート・ミー・アット・ザ・オールバニー」、「21世紀のダンス・パーティー」等を同劇場において開催している。

 

デービッド・スレイター
(エンテレキー・アーツ ディレクター)
エンテレキー・アーツの代表として、「想像する力」によって平等で結束した地域社会を実現することを目指し、社会から孤立した高齢者、長期的な健康問題や複合的な障害を抱える人びとに向けた活動を行っている。高齢者の希望、不安、欲求に声を与える芸術性の高い活動を目指し、現在は、孤立して暮らす高齢者とアーティスト、プロデューサー、行政、医療とを創造的に結びつけ、協働を促す連携作りに重点的に取り組んでいる。


ギャビン・バーロウ
(オールバニー劇場 芸術監督)
就任以来14年間、同劇場がロンドンの重要な芸術拠点として躍進し、ソーシャル・エンタープライズへと変革を遂げるなかで、先導的役割を果たす。英国全土の90を越えるアートセンターのネットワーク「フューチャー・アーツ・センターズ」を設立、共同代表を務める。これまでに、コンタクト・マンチェスター、アクターズ・ツアリング・カンパニー、クィアー・アップ・ノース・フェスティバルにてエグゼブティブ・ディレクター等を務める。

 


ノゾエ征爾(のぞえ・せいじ) 
(脚本家・演出家・俳優)
1995年、青山学院大学在学中に演劇を始める。松尾スズキのゼミを経て、99年に「はえぎわ」を始動。以降、全作品の作・演出を手がける。映画やTVドラマへ俳優として出演するほか、外部公演にも脚本家、演出家、俳優として多数参加。2010年より世田谷区内の高齢者施設での巡回公演(世田谷パブリックシアター@ホーム公演)や、広島や静岡など地方での長期滞在創作など、幅広く活動。12年、はえぎわ公演『○○トアル風景』にて、第56回岸田國士戯曲賞受賞。近年の演出作品に『ご臨終』『気づかいルーシー』『ボクの穴、彼の穴。』など。『1万人のゴールド・シアター2016』では脚本・演出を手がけた。

 


太下義之(おおした・よしゆき) 
(三菱UFJリサーチ&コンサルティング 芸術・文化政策センター長/首席研究員)

専門は文化政策。博士(芸術学)。独立行政法人国立美術館理事、公益社団法人日展理事、公益財団法人静岡県舞台芸術センター評議員、公益社団法人企業メセナ協議会監事。文化経済学会<日本>監事、文化政策学会理事、政策分析ネットワーク共同副代表。観光庁「世界に誇れる広域観光周遊ルート検討委員会」委員。東京芸術文化評議会委員、大阪府・2025年万博基本構想検討会議委員、オリンピック・パラリンピック文化プログラム静岡県推進委員会委員、沖縄文化活性化・創造発信支援事業アドバイザリーボード委員長(~2017.3)。京都市「東アジア文化都市2017実行委員会」委員、鶴岡市食文化創造都市アドバイザー。

公演関連記事

「埼玉アーツシアター通信」No.70

P.6-7 高齢者が輝けば、世界はもっと楽しくなる!《世界ゴールド祭》キックオフ! 文◎川添史子
オンラインチケット予約
SAFメンバーズ会員の方 一般の方

※当日券はご予約いただけません。