• TOP
  • 公演情報
  • 【公演中止】ピアノ・エトワール・シリーズ Vol.32 ケイト・リウ

公演情報
performance information

彩の国さいたま芸術劇場

音楽

ピアノ・エトワール・シリーズ Vol.32 ケイト・リウ

ピアノ・エトワール・シリーズ Vol.32 ケイト・リウ

2015年のショパン・コンクールで独特の音世界が注目された期待の星

 
2017年11月11日(土)開演15:00

本公演中止のお知らせ(詳細はこちら

一般発売

3公演セット券:2017年2月11日(土・祝)  1回券:2017年6月10日(土)

メンバーズ発売

3公演セット券:2017年2月4日(土)  1回券:2017年6月3日(土) 
※セット券販売は終了しました(6/10) 

フランス語で「星」を意味し、世界の最高峰パリ・オペラ座のトップにも冠せられている「エトワール」。その名にふさわしく、きら星のごとく居並ぶ若手ピアニストのなかでもひときわ輝く劇場厳選の新鋭ピアニストたちが、意欲的なプログラムで競演を繰り広げるのが「ピアノ・エトワール・シリーズ」です。
 
32人目には、2015年のショパン国際ピアノ・コンクールでは、その独特の音世界で聴衆を惹きつけ、一躍注目されたケイト・リウを迎えます。ステージと客席の一体感が感じられる彩の国さいたま芸術劇場音楽ホールで、どのような演奏を聴かせてくれるでしょうか。

公演インフォメーション

日時

2017年11月11日(土)開演15:00

会場

彩の国さいたま芸術劇場 音楽ホール

曲目
ショパン:マズルカ 作品56
ブラームス:4つのバラード 作品10
ショパン:ピアノ・ソナタ第2番 変ロ短調 作品35
ショパン:アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ 作品22
主催

公益財団法人埼玉県芸術文化振興財団

協賛

株式会社与野フードセンター

託児サービス
2歳以上の未就学児に対して託児のご予約を承ります。
(本公演への未就学児の入場はご遠慮いただいております)
 
【お申し込み先】
株式会社コマーム
048-256-1666(土・日・祝を除く9:00~18:00)
※お子さま1人につき1,000円の負担金をいただきます。
※公演1週間前までにお申し込みください。
※定員になり次第、締め切らせていただきます。

チケットインフォメーション

料金
(税込)

チケット料金(税込)

※U25*・・・公演時、25歳以下の方対象/ご入場時、身分証明書をご提示ください。
※バルコニー席はステージが見づらいお席です。予めご了承ください。
※車椅子をご利用の方は、お電話にてご予約ください。

発売日

【一般】
3公演セット券:2017年2月11日(土・祝)
1回券:2017年6月10日(土)

【メンバーズ】
3公演セット券:2017年2月4日(土)
1回券:2017年6月3日(土)
※セット券販売は終了しました(6/10) 

プロフィール
PROFILE

ケイト・リウ Kate Liu/ピアノ

profile

2015年、第17回ショパン国際ピアノ・コンクール第3位、マズルカ賞受賞。  
1994年シンガポールに生まれたケイト・リウは、シカゴ音楽院で、アラン・チョウ、ミカ・ユイ(Micah Yui)、エミリオ・デル・ロザリオの下に学んだ。現在は、カーティス音楽院でロバート・マクドナルドの下で研鑽を積んでいる。これまでに、第3回アジア・パシフィック国際ショパン・ピアノ・コンクール、モントリオール国際音楽コンクール、イーストマン音楽学校の国際ピアノ・コンクール、ヒルトンヘッド国際ピアノ・コンクール、オバーリンのトーマス&イヴォン・クーパー国際コンクール、ニューヨーク国際ピアノ・コンクール、全米ピアノ指導者協会コンクール、ルイジアナ国際コンクールなど、数多くのコンクールで入賞している。アメリカのショパン財団から奨学金を授与されており、これまでにニューヨーク(カーネギー・ホール、サブカルチャー・アーツ・アンダーグラウンド、サルマガンディ・クラブ、エマヌエル寺院など)、ワシントン(ケネディー・センター、フィリップス・コレクションなど)、テレビ番組(シカゴWTTW放送)、ラジオ番組(アメリカン・パブリック・ラジオの番組「フロム・ザ・トップ」、シカゴWFMT放送の番組など)でリサイタルを行っている。シカゴ・シンフォニー・センターでは、ラン・ランとの共演で、シューベルトの《幻想曲 ヘ短調》を連弾した。共演したオーケストラとしては、クリーヴランド、モントリオール、ヒルトンヘッド、エヴァンストン、スコーキー・ヴァリー、ロチェスター、テグ(韓国)の各オーケストラがある。

公演関連記事

「埼玉アーツシアター通信」No.71

P.12-13 ケイト・リウ”ショパンの国”が認めた若きピアニストと分かち合う音楽 文◎高坂はる香(音楽ライター)
オンラインチケット予約
SAFメンバーズ会員の方 一般の方

※当日券はご予約いただけません。