• TOP
  • 公演情報
  • ピアノ・エトワール・シリーズ Vol.29 田村 響

公演情報
performance information

彩の国さいたま芸術劇場

音楽

ピアノ・エトワール・シリーズ Vol.29 田村 響

ピアノ・エトワール・シリーズ Vol.29 田村 響

地道にひたむきに、音楽の道を歩み続ける29歳
 

2016年9月11日(日) 開演15:00

※当日券は開演の1時間前より音楽ホール入口受付にて販売します。

一般発売

1回券:2016年4月30日(土) 4公演セット券:2016年2月6日(土)

メンバーズ発売

1回券:2016年4月23日(土) 4公演セット券:2016年1月30日(土)

チケットの購入方法

当日券あり

公演インフォメーション

日時

2016年9月11日(日) 開演15:00

会場

彩の国さいたま芸術劇場 音楽ホール

曲目

ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第8番 ハ短調 作品13 「悲愴」
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第21番 ハ長調 作品53 「ヴァルトシュタイン」
ショパン:スケルツォ第1番 ロ短調 作品20
ショパン:スケルツォ第2番 変ロ短調 作品31
ショパン:スケルツォ第3番 嬰ハ短調 作品39
ショパン:スケルツォ第4番 ホ長調 作品54
 
【アンコール曲】

ショパン:ワルツ 第1番 変ホ長調 作品18「華麗なる大円舞曲」
メンデルスゾーン: 《無言歌集 第1巻》より第1番〈甘い思い出〉

主催

公益財団法人埼玉県芸術文化振興財団

協賛

株式会社与野フードセンター

託児
2歳以上の未就学児に対して託児のご予約を承ります。
(本公演への未就学児の入場はご遠慮いただいております)
 
【お申し込み先】
株式会社コマーム
048-256-1666(月~金9:00~18:00)
※お子さま1人につき1,000円の負担金をいただきます。
※公演1週間前までにお申し込みください。
※定員になり次第、締め切らせていただきます。

チケットインフォメーション

当日券あり

料金
(税込)



※U25*・・・公演時、25歳以下の方対象/ご入場時、身分証明書をご提示ください。
※バルコニー席はステージが見づらいお席です。予めご了承ください。

発売日

【一般】
 1回券:2016年4月30日(土)
 4公演セット券(Vol.29~Vol.31、アンコール!Vol.6):2016年2月6日(土)

【メンバーズ】
 1回券:2016年4月23日(土)
 4公演セット券(Vol.29~Vol.31、アンコール!Vol.6):2016年1月30日(土)

プロフィール
PROFILE

田村 響(たむら・ひびき)/ピアノ

2007年10月パリで開催された世界的なコンクールのひとつであるロン・ティボー国際コンクールにおいて弱冠20歳で第1位に輝き一躍世界に注目されるに至った。合わせて、ショパン、フォーレ、ラフマニノフ(協奏曲)、新曲課題の最優秀演奏者に贈られる各賞を受賞。以来、ザルツブルク・モーツァルテウムで研鑽を積み、国際的な演奏活動を展開している。
2009年2月には、ビシュコフ指揮ケルン放送交響楽団の定期演奏会デビューと日本ツアーを行った他、これまでにN響、読響、都響、新日フィル、日本フィル、東響、東フィル、名古屋フィル、京響、大阪フィル、関西フィル、群響、広響、九響などと共演。また、海外では、カンヌ管、トリヤッティ・フィル、リベイランプレート響、カイロ響、ベトナム国立響などとも共演。ライプツィヒ、パリ、ザルツブルクなどを始めとするヨーロッパ各地でのリサイタル、日本各地でのリサイタルも活発に行っている。
室内楽活動にも力を入れており、これまでにマキシム・ヴェンゲーロフ、堀米ゆず子、篠崎史紀、宮田大、三浦文彰の各氏等と共演している。
1986年愛知県安城市生まれ。3歳よりピアノを始める。愛知県立明和高校音楽科を卒業後、18歳でザルツブルク・モーツァルテウム音楽大学に留学。2015年大阪音楽大学大学院修了。これまでに、深谷直仁、清水皇樹、クラウディオ・ソアレス、クリストフ・リースケの各氏に師事。
2002年、エトリンゲン青少年国際ピアノ・コンクールB部門第2位及びハイドン賞、第26回ピティナ・ピアノコンペティション特級グランプリ、第18回園田高弘賞ピアノ・コンクールにて園田高弘賞第1位を受賞。
2004年デビューCDをリリース、2008年8月には「ロン・ティボー国際コンクール優勝記念」と称した2枚目のCDをリリース、2010年2月に3枚目のCDをトリトンレーベルにてリリースした。
受賞歴としては、2003年度アリオン賞、第14回大幸財団丹羽奨励生、(財)江副育英会奨学生、2006年第16回出光音楽賞、 2008年文化庁長官表彰・国際芸術部門、2009年第10回ホテルオークラ音楽賞などがある。
京都市立芸術大学専任講師。

 

公演関連記事

「埼玉アーツシアター通信」 No.63

p.14-17 ピアノ・エトワール・シリーズの10年 これまで、と、これから、のエトワール(星)たち 文◎高坂はる香(音楽ライター)

「埼玉アーツシアター通信」No.64

p.16 ピアノ・エトワール・シリーズ Vol.29 田村 響Interview ユニークな人生哲学でしなやかに挑む「29」づくしの演奏会 取材・文◎飯田有抄(音楽ライター) Photo◎ヒダキトモコ
オンラインチケット予約
SAFメンバーズ会員の方 一般の方

※当日券はご予約いただけません。