TOP > 公演情報 > 光の庭プロムナード・コンサート第97回 舌よ歌え~バロック・オーボエとオルガンの競演~

公演情報

彩の国さいたま芸術劇場 |

音楽

光の庭プロムナード・コンサート第97回
舌よ歌え~バロック・オーボエとオルガンの競演~

土曜日の午後、光が降りそそぐ情報プラザで楽しむ、ポジティフ・オルガン(小型のパイプオルガン)の無料コンサート。

2018年1月20日(土)  14:00開演(14:40終演)
※入場無料

“ポジティフ・オルガン”は1段鍵盤の、小型のパイプオルガン。光の庭プロムナード・コンサートでは、彩の国さいたま芸術劇場のガルニエ社製オルガンの魅力を、歌や楽器とのアンサンブルやオルガンのソロでお届けします。

今回は、このシリーズの構成者で、「みんなのオルガン講座」講師としてもお馴染みの大塚直哉さんが登場。 バロック・オーボエ、オーボエ・ダモーレ、オーボエ・ダ・カッチャを吹き分ける名手、尾崎温子さんをお迎えして、 オルガンとのアンサンブルをお届けします。


40分間のショートプログラムで入場無料、出入り自由。また、入場に年齢制限はありませんので、小さなお子さまからお楽しみいただけます。
光が降りそそぐ情報プラザで至福のひとときを。終演後には、オルガンを見学・体験することができます。

公演インフォメーション

日時

2018年1月20日(土) 開演14:00(終演14:40)

会場

彩の国さいたま芸術劇場 情報プラザ(1階)

出演

大塚 直哉(オルガン)
尾崎 温子(バロック・オーボエ/オーボエ・ダモーレ/オーボエ・ダ・カッチャ)

曲目

J. S. バッハ:シンフォニア(カンタータ「わが片足は墓にありて」BWV 156)
ヘンデル:オーボエ・ソナタ ヘ長調 HWV 363a
テレマン:オーボエ・ダモーレ協奏曲 イ長調 TWV 51:A2 より
J. S. バッハ:アリア「満たせ、天なる神の炎よ」より(カンタータ「暁の星はいと麗しきかな」BWV 1)
ティトルーズ:舌よ歌え
クープラン:恋のうぐいす
クープラン:コンセール第8番「劇場風」より

主催

公益財団法人埼玉県芸術文化振興財団

協賛

株式会社与野フードセンター

後援

埼玉県教育委員会・さいたま市教育委員会

助成

平成29年度 文化庁劇場・音楽堂等活性化事業

チケットインフォメーション

料金
(税込)

入場無料

プロフィール

profile
大塚 直哉(おおつか・なおや)/オルガン

東京藝術大学大学院チェンバロ専攻、アムステルダム音楽院チェンバロ科およびオルガン科修了。 「アンサンブル コルディエ」「バッハ・コレギウム・ジャパン」などのアンサンブルにおける通奏低音奏者として、またチェンバロ、オルガン、クラヴィコードのソリストとして活躍。また、こうした古い時代の鍵盤楽器に初めて触れる人のためのワークショップを全国各地で行なうなど、後進の育成とバロック音楽の普及にも力を注いでいる。現在、東京藝術大学音楽学部准教授、国立音楽大学非常勤講師。宮崎県立芸術劇場、彩の国さいたま芸術劇場のオルガン事業アドヴァイザーを務める。「アンサンブル コルディエ」音楽監督。NHK-FM「古楽の楽しみ」案内役として出演中。 公式HP http://utremi.na.coocan.jp/

profile
尾崎 温子(おざき・あつこ)/バロック・オーボエ/オーボエ・ダモーレ/オーボエ・ダ・カッチャ

東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校、同大学音楽学部を経て、同大学大学院音楽研究科修士課程修了。その後ブリュッセル王立音楽院に留学し、1998年夏にモダン・オーボエでは栄誉賞付きディプロマを、バロック・オーボエではフォア・ディプロマを同時に取得し帰国。前川光世、井口博之、小畑善昭、小島葉子、P.ドンブレヒトの各氏に師事。これまでにバッハ・コレギウム・ジャパン、クラシカルプレイヤーズ東京、松本バッハ祝祭アンサンブル、コントラポント等、古楽器のオーケストラ、アンサンブルにメンバーとして参加、活動している。桐朋学園大学非常勤講師。

オンラインチケット予約
SAFメンバーズ会員の方 一般の方

※当日券はご予約いただけません。

◎ チケット情報

◎ チケット購入方法

◎ SAFメンバーズ

SAFメンバーズ

◎ メールマガジンのご案内

メールマガジンのご案内

◎ 関連動画

◎ 埼玉アーツシアター通信

埼玉アーツシアター通信

◎ コンサートカレンダー

コンサートカレンダー

◎ 財団公式ツイッター

  • 演劇
  • 舞踊
  • 音楽

◎ 劇場公式facebook

facebook

◎ 舞台芸術資料室

舞台芸術資料室
pagetop