TOP > 公演情報 > バットシェバ舞踊団/オハッド・ナハリン『Last Workーラスト・ワーク』

彩の国さいたま芸術劇場 |

ダンス

バットシェバ舞踊団/オハッド・ナハリン
『Last Workーラスト・ワーク』

世界はどこに向かっているのか。
わたしたちに今できることは何か―
オハッド・ナハリンのクールな知性と豊穣なイマジネーションが
バットシェバ舞踊団の強靭なダンサーたちとつくりあげた
現代へのひそやかなメッセージ。
 
2017年10月28日(土)、29日(日)各15時開演

※29日(日)の当日券は、14時から大ホール入口受付で販売します。
 (S席10枚程度、A席若干枚)
※演出の都合により、開演に遅れた場合や公演中にお席を離れますと
 ご購入いただいたお席へのご案内ができませんのでご注意ください。

チケットインフォメーション
【一般発売】

2017年7月22日(土)

【メンバーズ発売】

2017年7月15日(土)

当日券あり

チケットの購入方法

世界のダンスシーンで最も注目を集めるイスラエルのカンパニー バットシェバ舞踊団が、日本初公開の作品『LAST WORK』を携えて来日する。野性味と繊細さを併せ持ち、強靭な身体で表現するダンサー、力強く豊穣な作品世界が魅力のバットシェバ舞踊団。圧倒的なパフォーマンスは、身体の奥底に潜む原始の衝動や狂気、痛み、そして歓びの感覚を呼び覚ます。  
 

 

【関連企画】※ダンサー・ピープルともに定員に達したため応募は締め切りました。
バットシェバ舞踊団ダンサーによる《GAGAワークショップ》
◎10月27日(金)17:00 GAGAダンサー  
振付家・ダンサー向けワークショップ。舞踊歴3年以上、ジャンル不問。※18歳以上
◎10月29日(日)17:00 GAGAピープル 
どなたでもご参加いただけるワークショップ。スキル・経験不問。
会場:彩の国さいたま芸術劇場
詳細・お申し込み方法はこちら

 

【映画情報】
8年間にわたってオハッド・ナハリンに長期密着した映画が待望の日本公開決定!
『ミスター・ガガ 心と身体を解き放つダンス』

[監督:トメル・ハイマン/2015年/100分/提供:アクシー株式会社]
世界中のバレエ団から熱い注目を浴びる、イスラエル出身の振付家オハッド・ナハリンとバットシェバ舞踊団。
現代人の身体感覚や直感的な感性を目覚めさせてきた、現代ダンス界の教祖的存在に迫るドキュメンタリー。
 
シアターイメージフォーラム 10月14日(土)より公開 (その他全国順次公開予定)
前売鑑賞券発売中!
公式サイト:http://mrgaga-movie.com/

バットシェバ舞踊団/オハッド・ナハリン『LAST WORK-ラスト・ワーク』舞台映像

公演インフォメーション

公演日時

2017年10月28日(土)、29日(日)各15:00開演

上演時間

約65分(途中休憩なし)

会場

彩の国さいたま芸術劇場 大ホール

演出・振付

オハッド・ナハリン

出演

バットシェバ舞踊団

主催

公益財団法人埼玉県芸術文化振興財団

後援

イスラエル大使館

チケットインフォメーション

当日券あり

料金
(税込)

【全席指定】

S席(1階・前方の壁側)、およびA席(サイドバルコニー、2階正面の壁側)は舞台上で
 見えない部分がある場合がございますので、予めご了承の上、お買い求めください。
※U-25…公演時25歳以下の方対象/ご入場時に身分証明書をご提示ください。

発売日

【一般】2017年7月22日(土)
【メンバーズ】2017年7月15日(土)

プロフィール

profile
オハッド・ナハリン/Ohad Naharin(振付家・バットシェバ舞踊団芸術監督)

 1952年イスラエル生まれ。20代から舞踊を始め、ダンサーとしてバットシェバ舞踊団で活躍の後、渡米しマーサ・グラハム舞踊団に入団。その後、ジュリアード音楽院で学ぶ。80年に振付家としてデビュー。90年バットシェバ舞踊団の芸術監督に就任し、『キール』(90年)、『マブール(洪水)』(92年)、『アナフェイズ(細胞分裂)』(93年)など次々に話題作を発表。2度にわたるベッシー賞(02年、03年)をはじめ、数々の賞を受賞している。彼の作品はネザーランド・ダンス・シアター、リヨン・オペラ座バレエ団、パリ・オペラ座バレエ団など、世界中の著名なダンスカンパニーやバレエ団で踊られており、現在、世界で最も注目される振付家の一人である。また、2015年には8年間に渡って密着し、撮影されたドキュメンタリー映画『MR. GAGA』が公開。世界各地の映画祭で数々の受賞を得て、話題となっている。

 

バットシェバ舞踊団/Batsheva Dance Company

バットシェバ舞踊団は、イスラエルを代表する世界的なコンテンポラリー・ダンス・カンパニーで、バットシェバ舞踊団と若手のバットシェバ・アンサンブルの2つのカンパニーからなり、イスラエル国内外出身の40名のダンサーが所属している。イスラエル国内を始め、世界中をツアーして回っており、年間約250公演を行い、観客数は毎年およそ100,000人に及ぶ。オハッド・ナハリンが芸術監督に就任した1990年以降、ダンサーたちは彼が考案した動きのテクニックである「GAGA(ガガ)」の日常的なトレーニングを通じてムーヴメントの新たな可能性を探し、ダイナミックな感性を知覚していく。また、年間1回開催される「バットシェバ・ダンサーズ・クリエイト」プロジェクトでの作品創造の中で才能を開花していく。 メイン・カンパニーの多くのダンサーは、18歳から24歳までのバットシェバ・アンサンブルのトレーニング期間に技術を磨く。国内の若い観客たちのための公演に加えて、アンサンブルは、公開リハーサル、GAGAのクラスや、ダンス・スクールでのワークショップを行っており、アウトリーチ活動や、イスラエル国内の恵まれない人々への公演にも取り組んでいる。 バットシェバ舞踊団は、1964 年にマーサ・グラハムを芸術アドバイザーに迎え、バロネス・バットシェバ・ド・ロスチャイルドによって創立された。 オハッド・ナハリンは1990年に芸術監督に就任。1989年以降、テルアヴィヴのスザンヌ・デラール・センターを本拠地としている。

 

公演関連記事

「埼玉アーツシアター通信」No.70
P.12-13 バットシェバ舞踊団/オハッド・ナハリン『LAST WORK-ラスト・ワーク』 取材・文◎乗越たかお Takao NORIKOSHI(作家・やさぐれ舞踊評論家)
「埼玉アーツシアター通信」No.71
P.8-9 バットシェバ舞踊団/オハッド・ナハリン『LAST WORK-ラスト・ワーク』オハッド・ナハリンInterview 取材・文◎上野房子(舞台評論家)

 

【チケット取扱い】
■SAFチケットセンター
・電話 0570-064-939(彩の国さいたま芸術劇場休館日を除く10:00~19:00)
 ※一部IP電話からは、ご利用いただけません。
・SAFチケットオンライン
 ご購入はこちら
 ※初めてご利用になる方は利用登録(無料)が必要です。
 
■窓口
・彩の国さいたま芸術劇場(休館日を除く10:00~19:00) アクセス
・埼玉会館(休館日を除く10:00~19:00) アクセス

■プレイガイド
・イープラス http://eplus.jp
・チケットぴあ http://t.pia.jp
 0570-02-9999(音声自動認識/Pコード459-367)

 
【お問い合わせ先】

SAFチケットセンター 0570-064-939(彩の国さいたま芸術劇場休館日を除く10:00~19:00)
※一部IP電話からは、ご利用いただけません。

オンラインチケット予約
SAFメンバーズ会員の方 一般の方

※当日券はご予約いただけません。

SAINOKUNI SAITAMA ARTS THEATER
施設利用について チケット情報

◎ チケット購入方法

チケット購入方法

◎ 公演カレンダー

2018

09

      1
2 345 67 8
9 101112 13 14 15
16 17 1819202122
23 24 2526 27 28 29
30       

◎ SAFメンバーズ

SAFメンバーズ

◎ メールマガジンのご案内

メールマガジンのご案内

◎ 関連動画

◎ 埼玉アーツシアター通信

埼玉アーツシアター通信

◎ コンサートカレンダー

コンサートカレンダー

◎ 財団公式ツイッター

  • 演劇
  • 舞踏
  • 音楽

◎ 劇場公式facebook

facebook

◎ 舞台芸術資料室

舞台芸術資料室

◎ 休館日

2018

4月 9(月)・16(月)・23(月)
5月 14(月)・21(月)
6月 4(月)・11(月)・18(月)
7月 2(月)・3(火)・9(月)・23(月)
8月 13(月)・20(月)・27(月)
9月 10(月)・18(火)
10月 9(火)・22(月)・29(月)
11月 5(月)・12(月)
12月 3(月)・4(火)・10(月)・17(月)・29(土)・30(日)・31(月)

2019

1月 1(火)・2(水)・3(木)・15(火)・28(月)
2月 12(火)・18(月)・25(月)
3月 4(月)・11(月)・18(月)・25(月)
pagetop