• TOP
  • 利用の流れ(ホール)

利用の流れ | ホール

1

1ホール利用計画書提出

総合インフォメーションに「ホール利用計画書」をご提出下さい。

  • 受付開始は、利用希望日の属する月の14ヶ月前の月の初日からとなります。
    (例:26年10月の利用・・・25年8月1日から受付)
    ただし、1月は、4日からの受付となります。
    ※自主事業等により、ご利用いただけない日もございます。ご来館前にお電話でご確認ください。
  • 計画書の用紙は劇場窓口にてお渡しします。
    (または、こちらからダウンロードしてご利用下さい。) A3 PDF A4 PDF Excel (A4サイズは2枚で印刷されます。)
  • ご提出は、公演内容のわかる方がお越しください。
    また、団体の活動内容がわかる資料があればあわせてご提出下さい。
2

2日程調整

お申込の時期により、日程調整方法が異なります。

  • 利用希望月の14ヶ月前
    申込開始月になるため、同月申込分を同時申込と見なし、審査のうえ希望日程が競合したら抽選となります。
    ※先着順ではありません。
  • 利用希望月の13ヶ月前
    前月申込の調整期間となるため、お申込の受付および空き状況照会を休止させていただきます。
  • 利用希望月の12ヶ月前
    審査のうえ先着優先となります。
3

3内定

計画書の提出後は、ご利用内容が当劇場の設置目的に合致しているか審査し、日程調整の上、内定通知を郵送させていただきます。
前項の申込時期により到着時期が異なりますので、下記をご確認ください。

  • 14ヶ月前の申込について
    内容の審査及び日程調整の後に郵送しますが、おおむね利用計画書を受け付けた月の翌月の下旬になります。
    ※自主事業等により、ご利用いただけない日もございます。ご来館前にお電話でご確認ください。
  • 12ヶ月前の申込について
    内定通知は、内容の検討の後に郵送しますが、おおむね利用計画書を受け付けた3~4週間後になります。

※劇場の設置目的
第1条 県民が自ら舞台芸術活動を行い、及び優れた舞台芸術を鑑賞する機会を設けることにより、県民の芸術文化に対する理解を深め、もって芸術文化の向上に資するため、彩の国さいたま芸術劇場をさいたま市中央区上峰3丁目15番1号に設置する。

公演の中止または計画書の記載事項に変更がある場合は必ず劇場にご連絡下さい。
大幅な変更の場合には、内定を取り消す事があります。

4

4利用料金の支払い

  • 内定通知書(または納入通知書)に記載された日までに施設利用料金をお支払いください。
  • ホール利用料金のお支払いは、分割払いも可能です。
    (利用料金の3割…内定から20日以内、利用料金の7割…利用月の7か月前の末日まで)
  • 施設利用料金を納入されない場合は、施設を利用することができません。
  • 納入された利用料金は原則としてお返しできません。ただし、施設利用料金を全額お支払いいただいた後、ご利用の7ヶ月前の月の末日までに取消の手続きをされた場合、施設利用料金の7割相当額をお返しいたします。
  • 納入後の日程変更は、原則としてできません。
5

5利用許可

  • 施設利用料金の入金確認後、利用許可書をお渡しします。
  • 広報活動、チケット販売等は、必ず利用許可書の受領後に行ってください。なお、広報の際、「問合せ先」や「連絡先」は主催者様側の住所・電話番号等を掲載して下さい。

※利用許可の制限 について

次の場合は、利用の許可はできません。すでに許可している場合、あるいは利用中でも、利用を中止させていただくことがあります。この場合、当劇場はこのための損害補償はいたしません。

  1. 利用料納入期限までに利用料が納入されないとき。
  2. 公の秩序、または善良な風俗を害する恐れがあるとき。
  3. 建物や附属設備等を損傷、または滅失する恐れがあるとき。
  4. 管理、運営に支障があるとき、または支障をきたす恐れがあるとき。
  5. 利用諸規定もしくは、これらに基づく当劇場の指示に従わなかったとき。
  6. 「ホール計画書」及び「利用申請書」の記載に偽りがあったとき。
  7. 許可条件に違反したとき。
6

6公演内容の確認

利用許可の下りた方には、利用日の約4ヶ月前に、「事前確認資料」をお送りしますので、その時点での状況をお知らせください。ご希望があれば、ご記入の内容を劇場ホームページの「公演カレンダー」および劇場で配布している「公演予定表」に掲載することができます。(掲載は無料です。)記入方法についてご不明な点はお気軽にお問い合わせください。

7

7打合せ

  • 利用日の約1ヶ月前に行います。お客様と当館とで日程を調整して、打合せ日を決定します。
  • 打合せには、進行表、プログラム(原稿でも可)、タイムスケジュール(搬入から搬出まで)、図面(舞台仕込図、照明プラン図、音響プラン図)、台本などの参考資料をご持参ください。また、催物の運営全般、舞台の仕込み等の内容をご説明いただける方(舞台、照明、音響の技術スタッフを含む)が出席してください。
  • 必要な場合は施設の下見ができます。日程については、劇場にご連絡いただき、ご予約ください。
8

8利用当日

  • 利用当日は、施設利用受付で利用許可書を提示してください
  • 利用時間及び使用上の注意事項を守って利用してください。
    詳しくは、利用申請時にお渡しする「利用案内」をご覧ください。

  • 附属設備・楽屋の利用料金は、当日現金でお支払いください。